外科

診療概要

当科の方針

  1. 標準治療を正しく、安全に、誠実に提供する。
  2. 地域の方々に安心していただける治療を行う。
  3. 腹部救急医療を常に提供する。

当科では消化器疾患、腹部救急疾患の診断と治療を主に扱っています。特に手術を必要とする消化器癌(食道癌、胃癌、大腸癌、直腸癌、肝胆膵悪性腫瘍)、急性腹症(手術が必要なおなかが痛い状態)および腹部外傷がその中心となっています。
虫垂炎、鼡径ヘルニア、腸閉塞などの症例数も多く、緊急の状態にもすぐ対応できる、地域の方々に必要とされる病院を目指しています。ここでは成人の鼡径ヘルニアについて少し詳しくご紹介致します。詳しくはこちら

悪性疾患では、正確な術前診断による患者さんに最も適した根治性とQOL(Quality of Life)の得られる手術の選択と、標準医療を心がけています。

難治性の癌(特に肝胆膵急性腫瘍)に対する拡大手術(血管全般切除兼血行再建術)も麻酔科等との協力により施行可能な体制を整えており、手術後も集中治療部を活用することで、かなり難しい手術でも安全に回復することが可能です。また、手術後の化学療法や放射線療法を行えるよう腫瘍内科、放射線科と協力する体制を整えています。
最近の手術において、キーワードとなっている低侵襲手術(患者さんにやさしい=キズの小さな手術)であるところの腹腔鏡下手術も積極的に施行しています。

また、救急部を中心とした24時間診療体制により、手術後の合併症に対する速やかな対応も可能であり、地域に根ざした総合的な外科診療体制を整えていますので安心して受診してください。

診療スタッフ

氏名 専門 専門医・認定医等
消化器外科チーフコンサルタント 尾崎 正彦 肝胆膵手術
消化器外科一般
日本外科学会指導医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器病学会指導医
日本腹部救急医学会評議員
日本職業・災害医学会評議員
外科部長 篠藤 浩一 消化器外科一般
(特に肝胆膵外科手術)
日本外科学会認定医・専門医・指導医
日本消化器外科学会認定医・専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本肝臓学会肝臓専門医
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
臨床研修指導医
日本腹部救急医学会暫定教育医
日本臨床外科学会評議員
日本肝胆膵外科学会評議員
日本腹部救急医学会評議員
消化器外科部長 岡崎 靖史 消化器外科一般
(特に内視鏡外科手術)
日本外科学会認定医・専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医
日本内視鏡外科学会技術認定取得
(消化器・一般外科領域)
日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
日本消化器外科学会消化器がん治療認定医
臨床研修指導医
検診マンモグラフィ読影認定医
外科副部長 松尾 憲一 消化器外科一般
(特に肝胆膵外科手術)
日本外科学会認定医・専門医・指導医
日本消化器外科学会認定医・専門医・指導医
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
日本胆道学会指導医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本肝胆膵外科学会評議員
佐藤 公太 消化器外科一般
(特に肝胆膵外科手術)
日本外科学会外科専門医
医師 花岡 俊晴 消化器外科一般  
水藤 広 消化器外科一般 日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会消化器外科専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本消化管学会胃腸科暫定専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
平野 敦史 消化器外科一般 日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会専門医
消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本大腸肛門病学会専門医
日本ストーマ排泄リハビリテーション学会ストーマ認定士
検診マンモグラフィ読影認定医
池田 優子    
會田 直弘    
村上 剛之    

学会認定修練施設

当院は以下の学会の認定施設を取得しております。

外来診療日

受付時間 8:15~11:00(予約の方は、予約時間に合わせて受付いたします)
※「予約」は事前予約または紹介状が必要です。
※初めて受診される方は、初診診療状況一覧表をご覧ください。

(注) ○印:副院長 ★印:部長 ☆印:副部長 
※手術・緊急呼び出し等により予告なく担当医に変更のある場合があります。ご了承ください。

臨床実績

主な疾患 件数
平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度
食道癌 5 5 4(3) 5(2)
胃癌 93(21) 66(12) 63(26) 54(21)
結腸癌 60(15) 94(26) 130(28) 108(49)
直腸癌 31(2) 43(6) 23(2) 53(14)
腸閉塞 12(1) 30(1) 52(3) 28(4)
虫垂炎 75(1) 77(8) 65(17) 77(42)
肝癌 33(1) 16 15 20
膵臓癌 6 5 8 8
胆道癌 6 6 9 3
胆道結石 96(84) 107(86) 122(103) 142(130)
鼠径ヘルニア 105(1) 122 130(25) 155(59)
胃潰瘍、十二指腸潰瘍穿孔 1(1) 8 11(1) 9(2)
その他 127 85 41 63
総手術件数 650 664 673 725

( )腹腔鏡下手術


5年生存率について

胃癌、大腸癌のステージ別5年生存率をお知らせいたします。 標準治療を継続した結果として、評価に耐えうるものと考えておりますが、今後もこれ以上の成果を得るべく、精進させていただく所存です。

胃癌382例
(2005.1~2009.12)
結腸癌551例
(2001.1~2010.12)
直腸癌274例
(2001.1~2010.12)
ステージ 5年生存率(%) ステージ 5年生存率(%) ステージ 5年生存率(%)
IA
IB
100
94.4
O 100 O 100
96.7 96.7
84.7 86.7 75.9
ⅢA
ⅢB
38.4
26
Ⅲa
Ⅲb
64.6
46.9
Ⅲa
Ⅲb
73.2
53
15.5 15.9 60.9
(胃癌取扱い規約第13版) (大腸癌取扱い規約第7版)  
ページの先頭へ