MENU

重要なお知らせ

放射線診断科・放射線IVR科・放射線治療科

完全紹介予約制

診療科からのお知らせ/コラム

新着情報はありません。

診療科紹介

放射線診断科・放射線IVR科

放射線診断科で行う画像診断検査は、現在64列CT3台(年間36,000件)、MRI3台(3T・1台、1.5T・2台で年間14,000件)、核医学SPECT機2台(年間1300件)、心臓領域を除き頭部領域を含む全身の血管撮影(年間500件)を各科から依頼を受けて施行しています。
地域連携諸施設からの画像検査依頼を年間500件以上いただき、画像診断医による報告書と画像CDR提供しております。
IVR(血管撮影の技術を応用して行う治療)としては専門医2名を中心に、副腎支脈静脈採血(130例/年、本邦最多)、大動脈ステントグラフト留置、肝がんの血管塞栓術、中心静脈ポート留置術、BRTO(胃静脈瘤塞栓術)、血管拡張術(PTAとステント留置)、膀胱がん動注化学療法、膵炎動注療法、高エネルギー・骨盤外傷の塞栓止血術、消化管出血の塞栓止血術、産科危機的出血の塞栓止血術、CTガイド下生検・ドレナージ等多岐にわたる治療・検査に対応しております。

放射線治療科

放射線治療は手術や化学療法とならぶ標準的ながん治療法の1 つです。放射線冶療はほぼすべてのがんに対して適応があります。
 以前は手術や化学療法を受けられない人が「仕方なく受ける治らない治療」というイメージが強かった時代もありましたが、近年では治療機器性能の飛躍的向上により一部の早期がんであれば放射線治療単独で治癒可能なものもあります。また、ある程度進行したがんの場合も、手術や化学療法と組み合わせることで再発予防や機能温存をはかることができます。残念ながら根治不能になった場合も、鎮痛薬で制御困難な腫瘍による痛みや通過障害を放射線治療で緩和することで患者さんのQOL 維持に役立ちます。
 このように、放射線治療科は常にがんを扱う他診療科と連携しながら、1 人1 人の患者さんにとって最適な治療を提供できるよう努めています。

放射線治療科 診療の特徴
(1)チーム医療

放射線治療科では放射線治療専門医、看護師、診療放射線技師、医学物理士などの職種が連携して診療にあたっています。スタッフは定期的にカンファレンスを行い、現在放射線治療中の患者さんの治療状況、身体及び精神状態、家庭や職場などの社会的背景についても情報を共有するよう努めています。
 現在最も多いのは乳がんの患者さんですが、医師、看護師の他毎日の治療に直接携わる放射線技師にも女性スタッフを配置して、安心して治療をうけていただけるよう配慮しています。

(2)生活と治療の両立

放射線治療回数は病状や治療目的により異なりますが、1回で終わる場合は少なく、平日毎日連続して数週間かけて行うことが一般的です。そのため、通院のしやすさは治療場所を選ぶ上での重要なポイントの1つになります。
 当院は新横浜駅に近く、ご自宅や職場から距離的に遠くとも交通アクセスは良好です。
 治療時間は8:30~16:30の間(高精度治療は別枠)で原則予約制です。そのため待ち時間も比較的少なく、1日の予定が立てやすくなります。例えば、治療期間中だけ勤務時間を少し調整していただければ仕事前や仕事帰りに治療したり、公共交通機関の空いている時間にゆっくり来たいなど、それぞれの生活スタイルにあった時間帯に治療できます。
 また、在宅で訪問診療を受けていて連日の通院が困難な場合でも、骨転移の疼痛緩和など治療適応があれば1回で完結する治療も行っています。

(3)高精度治療

当科ではリニアック2台を用いて放射線治療を行っています。
 うち1台は、cone beam CTによる画像誘導照射や呼吸同期装置を備えた国内最高水準の高精度放射線治療装置Varian社製TrueBeam(ノバリス)で、2014年4月より前立腺がんに対してIMRTを最新方式(VMAT)で施行開始し、9月より肺がんに対する体幹部定位照射(ピンポイント照射)を開始しています。

スタッフ紹介

  • 放射線IVR科部長

    松井 青史/ まつい せいし

    卒業年次 昭和60年
    専門分野 IVR

    学会専門医・認定医:

    日本医学放射線学会放射線診断専門医、日本IVR学会IVR専門医

  • 放射線IVR科副部長

    川俣 博志/ かわまた ひろし

    卒業年次 昭和63年
    専門分野 IVR

    学会専門医・認定医:

    日本医学放射線学会放射線診断専門医、日本IVR学会IVR専門医、日本脈管学会脈管専門医、胸部・腹部大動脈ステントグラフト指導医、下肢静脈瘤血管内焼灼術指導医

  • 放射線治療科副部長

    松井 とにか/ まつい とにか

    卒業年次 平成17年
    専門分野 放射線治療

    学会専門医・認定医:

    日本医学放射線学会放射線治療専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本医師会認定産業医

  • 放射線診断科部長

    小池 繁臣/ こいけ しげおみ

    卒業年次 平成4年
    専門分野 画像診断

    学会専門医・認定医:

    日本医学放射線学会放射線診断専門医、検診マンモグラフィー読影認定医

  • 放射線診断科医師

    永田 延江/ ながた のぶえ

    卒業年次 平成8年
  • 放射線診断科医師

    Kiss Borbala/ きしゅ ぼるばーら

    卒業年次 平成18年
    専門分野 画像診断

    学会専門医・認定医:

    検診マンモグラフィー読影認定医

  • 放射線診断科医師

    宇津木 翔平/ うつぎ しょうへい

    卒業年次 平成23年
    専門分野 放射線診断

    学会専門医・認定医:

    日本医学放射線学会放射線診断専門医

外来担当医表

診察時間
午前 ☆◇松井 ☆◇松井 ☆◇松井 杉山 ☆◇松井
午後 繁永 ☆◇松井 ☆◇松井 ☆◇松井 ☆◇松井

(注)☆印 : 副部長 ◇印 : 女性医師

    • なお、当科には入院病床がありませんので、他医療機関から直接ご紹介いただく場合は通院での治療が可能であることが必要です(治療時間や回数はご相談ください)。入院下での放射線治療が必要な場合は、まずは当院当該科にご相談ください。

診療実績

原発巣別治療患者数

平成 28 年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度 令和2年度
脳・脊髄腫瘍 1 0

1

2

1

頭頸部腫瘍(甲状腺腫瘍含む) 10 17 28 29 22
食道がん 12 8

12

9

15

肺がん・気管・縦隔腫瘍 34 32 34 30 47
乳がん 148 138 145 186 170
肝・胆・膵がん 1 4 2 8 5
胃・小腸・結腸・直腸がん 14 16 21 13 13
婦人科腫瘍 11 4 11 11 7
泌尿器系腫瘍 102 82 78 85 95
造血器リンパ系腫瘍 14 19 13 16 15
皮膚・骨・軟部腫瘍 2 11 3 1 1
その他(悪性腫瘍) 2 2 0 2 3
良性疾患 1 0 2 0 0
年間合計 352 333 350 392 394
うち院内 291 300 291 334 335
院外 61 33 59 58 59

上記のうち、高精度放射線治療患者数

平成28年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度 令和2年度
強度変調放射線治療(IMRT) 前立腺 53 56 61 66 76
その他 3 10 4 9 9
体幹部定位放射線治療(SBRT) 6 4 11

6

11

高精度治療 計 62 70 76

81

96

施設認定

  • 放射線科専門医総合修練機関
  • 胸部・腹部大動脈ステントグラフト実施施設
  • 日本IVR学会修練認定施設