MENU

重要なお知らせ

令和2年度 横浜労災病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 989 272 347 562 1087 1668 2295 3961 2516 376
当院の入院患者数は、20歳未満が9.0%、20歳以上60歳以下が26.0%、60歳以上が65.0%となっています。当院には新生児特定集中治療管理室があることから、10歳未満の入院患者数が多くなっています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080270xxxx1xxx 食物アレルギー-処置1:あり 122 1.01 2.12 0.00% 2.77
040100xxxxx00x 喘息-処置2:なし-副病:なし 71 5.66 6.46 0.00% 4.08
010080xx99x0x0 脳脊髄の感染を伴う炎症-手術なし-処置2:なし-15歳未満 33 5.30 7.83 0.00% 1.97
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満)-ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 29 3.00 2.79 0.00% 4.66
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症-手術なし 29 6.76 13.00 0.00% 1.79
当院は横浜市北東部中核施設として平成3年に開院した病院です。横浜と東京のベッドタウンに位置し小児人口が多いことから、地域住民の方々からはとくに小児救急医療の充実を期待されています。当科は、たんに小児救急医療を行うだけではなく、「最良の小児プライマリーケアの提供」をモットーとして診療を行っています。小児精神疾患を除くほとんどの分野の2次〜2.5次の小児医療に対応することのできる体制を整えています。また重度新生児仮死に対する脳低体温療法も可能です。
小児科救急疾患は、救急救命センターで常に小児科医が対応しています。夜間・休日においても、複数名の小児科医が対応できるように当直体制を整備しています。当科PALSインストラクターの指導のもと、PALS概念に基づいた小児救急医療の実践に取り組んでいます。高次施設での小児集中治療管理が必要な極めて重症なケースでは、当科で適切な初期対応を行い搬送しています。
小児総合診療を実践する観点から、専門外来も充実させています。とくに、神経、内分泌、アレルギー、腎臓、心臓外来には沢山の患者さんをご紹介頂いています。小児保健活動にも力を入れており、乳児健診(育児相談)、予防接種、結核検診、発育・発達外来、乳幼児心理発達外来を行っています。
病診連携の一環として、平成18年1月から、横浜市東部小児科医会の開業小児科の先生方を中心にご協力頂き、365日24時間の小児救急医療体制を支援して頂くこととなり、「地域連携小児夜間・休日診療」の施設基準が承認されました。
開院以来、未熟児・新生児医療にも力をいれてきました。また、医師の卒後研修も積極的に行っており、現在、小児科専門医研修指定施設、周産期(新生児)専門医研修基幹指定施設となっています。当科で後期研修を行い小児科専門医を取得した医師も多数います。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)-ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 109 3.95 4.86 0.00% 71.80
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など)-腹腔鏡下胆嚢摘出術等 52 6.71 6.41 0.00% 54.31
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍-結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等-処置1:なし-副病:なし 43 16.44 16.19 2.33% 71.21
060150xx02xxxx 虫垂炎-虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 25 10.24 9.76 4.00% 56.16
060335xx02000x 胆嚢炎等-腹腔鏡下胆嚢摘出術等-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 25 7.08 7.23 0.00% 57.00
当科では消化器疾患、腹部救急疾患の診断と治療を主に扱っています。特に手術を必要とする消化器がん(食道がん、胃がん、大腸がん、直腸がん、肝胆膵悪性腫瘍)、急性腹症(急性虫垂炎、急性胆嚢炎、消化管穿孔、腸閉塞など)および腹部外傷がその中心となっています。
がん診療連携拠点病院として適切にがんを診断し、消化器病センターカンファレンスを通して、消化器内科と合同で最終的な治療方針を決定して行きます。内視鏡的治療から鏡視下手術、開腹手術に至るまで、患者さんに最も適した根治性とQOL(Quality of Life)の得られる治療法を選択していきます。
近年、キズの小さな低侵襲手術である腹腔鏡手術を各領域で積極的に取り入れており、早期退院、早期社会復帰に役立てています。全ての消化器症に対する高難度手術や難治性のがん(特に肝胆膵悪性腫瘍)に対する超拡大手術(血管合併切除兼血行再建術)も麻酔科等との協力により施行可能な体制を整えており、集中治療室を活用することで、かなり難しい手術でも安全に術後管理を行うことが出来ます。また手術前後に腫瘍内科、放射線科と協力して、化学療法や放射線療法などの周術期補助療法を適切に行い、がんに関する集学的治療を実践しております。
腹部救急疾患では、救急部を中心とした24 時間診療体制により、日々迅速に診断、治療を行っています。手術後の合併症に対する速やかな対応も可能であり、地域に根ざした総合的な外科診療体制を整えています。
当院の特徴として併存疾患を持たれている患者さんが多く来院されますが、各診療科と綿密な連携をとりながら各個人の病状に応じた最適な医療を提供するテーラーメード治療を行うことが出来ますので、安心してご紹介ください。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx99x20x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎-手術なし-処置2:2あり-副病:なし 198 3.87 6.52 0.51% 69.41
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折-人工骨頭挿入術 肩、股等 120 29.01 25.09 57.50% 80.53
070343xx99x21x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎-手術なし-処置1:0-処置2:2あり-副病:あり-0 100 4.30 10.48 1.00% 76.17
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。)-人工関節再置換術等 66 26.70 23.36 1.52% 75.91
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎-脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等-処置2:なし 64 25.14 20.40 9.38% 70.64
整形外科は運動器を扱う診療科です。運動器は動物の生命を維持するために必要不可欠な活動である運動を担う器官の総称で、骨、関節および筋など直接運動に関与する組織、さらにはこれらの働きを制御する神経系などを含みます。運動は人間にとって根源的な機能であり、このため運動器の健康を維持することは、人間が人間らしく生きるために大変重要な意味を持っています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)-皮膚悪性腫瘍切除術等-処置2:なし 23 4.52 7.71 0.00% 76.74
020230xx97x0xx 眼瞼下垂-手術あり-処置2:なし 15 2.00 3.07 0.00% 71.73
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。)-その他の手術あり-処置1:なし - - 4.76 - -
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物-皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等-処置1:なし - - 4.06 - -
090010xx011xxx 乳房の悪性腫瘍-乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等-処置1:あり - - 15.87 - -
形成外科とは、"よく傷を治すことを追求した診療科"です。外科の基本である創傷治癒についての知識と技術を持ち、患者さんの傷が早く・正しく治癒するためのお手伝いをしてゆきます。そして、その延長線上に整容や機能が存在するため、一般には美容をはじめとした"きれいにする治療"を担当する科であるという認識が定着しているといえるでしょう。
当院の形成外科が担当するのは体の表面に関するさまざまな変化、たとえば外傷・腫瘍・先天疾患・その他後天的に生じた変形などの治療です。また、それらの治療によって生じた組織の欠損を修復する"再建"も形成外科の重要な仕事です。患者さんの健常な部分の皮膚・筋肉・骨などを移植することで、欠損した組織を元の形態に近いところまで作り直したり、機能の喪失を回避したりすることが可能です。

形成外科は、これらの治療の多くをその疾患部位・組織を専門とする診療科と合同で行うことも多く、さまざまなチーム医療に参加していることも大きな特徴です。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx9906xx 脳腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:6あり 400 4.10 4.04 9.25% 67.12
010040x0991xxx 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)-手術なし-処置1:あり 51 3.88 3.29 7.84% 36.80
010010xx9903xx 脳腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:3あり 44 17.75 17.29 18.18% 68.93
010010xx9900xx 脳腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:なし 36 9.44 11.50 8.33% 64.31
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤-手術なし-処置1:あり-処置2:なし 33 3.61 3.04 0.00% 60.82
脳神経外科では頭蓋内疾患に対する手術と放射線治療を行っています。一般当直以外に神経系として神経内科と脳神経外科とのいずれかが毎日当直し、くも膜下出血や外傷をはじめとして神経疾患一般に対応しています。くも膜下出血にも24時間対応し、原則として早期の積極的治療を行っています。当科では開頭術および血管内治療による塞栓術の両方が可能であり、症例ごとに適切な治療法を選択しています。くも膜下出血や未破裂脳動脈瘤等の血管障害や頭部外傷に加え、脳腫瘍症例が多いことが当科の大きな特徴です。頭蓋底腫瘍や悪性脳腫瘍などの治療困難な腫瘍に対しても、手術とともに最新の高精度放射線治療を組み合わせた治療を行っています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x00x 肺の悪性腫瘍-手術あり-処置2:なし-副病:なし 109 9.75 10.83 0.92% 69.89
040200xx01x00x 気胸-肺切除術等-処置2:なし-副病:なし 46 4.54 10.08 0.00% 30.46
040020xx97xxxx 縦隔の良性腫瘍-手術あり 17 4.82 8.40 0.00% 51.94
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:なし 13 13.54 13.30 15.38% 75.31
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍-肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 10 11.80 9.10 10.00% 65.40
呼吸器外科の主な対象疾患は肺がん、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍、良性肺腫瘍、胸壁腫瘍、自然気胸、肺のう胞症、びまん性肺疾患の肺生検、膿胸、胸部外傷(外傷性血気胸、肺挫傷、肺破裂、多発性肋骨骨折など)、重症筋無力症に対する胸腺摘除術などがあります。
当科の特色は種々の疾患に対して胸腔鏡手術(ビデオモニターを使用し、傷が小さく、体へのダメージが少ない手術)を積極的に導入していることです。胸腔鏡手術に関しては20年以上の経験がありますので、安心して診療を受けていただけると思います。
また、当院は総合病院ですので、狭心症などの循環器疾患や透析などの腎疾患などの併存する患者さんにも十分対応可能です。
呼吸器疾患の治療方針は、呼吸器内科・病理診断部・放射線治療・診断部などと綿密に連絡をとり、カンファランスにて決定しております。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx02xxxx 静脈・リンパ管疾患-下肢静脈瘤手術等 16 3.00 2.74 0.00% 72.81
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤-ステントグラフト内挿術-処置2:なし 13 10.77 11.56 0.00% 79.69
050163xx9900xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤-手術なし-処置1:なし-処置2:なし 13 4.23 8.44 0.00% 81.54
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤-大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等-処置2:1あり 11 20.64 19.98 9.09% 73.09
050070xx9702xx 頻脈性不整脈-その他の手術あり-処置1:なし、1,3あり-処置2:2あり - - 30.24 - -
横浜市北東部中核施設として、循環器内科と密接に連携し成人循環器疾患全般の診療を行っています。成人心臓血管外科領域のほぼすべての手術に対応しており、常に最先端かつより安全な心臓外科手術を提供できるよう日々努めています。
5名の心臓血管外科医師とともに麻酔科医師、専任の臨床工学技士(含・体外循環技術認定士)、中央手術部看護師、集中治療部の医師・看護師がチームとなって心臓外科診療にあたらせていただきます。心臓血管外科手術症例数は常に年間150例を上回っており、心臓血管外科専門医認定機構の指定する基幹施設に認定されています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍-卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 103 6.12 6.16 0.00% 41.60
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍-腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 96 5.37 6.10 0.00% 44.84
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍-子宮頸部(腟部)切除術等-処置2:なし 52 2.96 3.11 0.00% 43.17
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍-手術なし-処置2:4あり-副病:なし 35 4.31 4.44 0.00% 59.23
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍-子宮悪性腫瘍手術等-処置2:なし 26 9.73 11.96 0.00% 61.15
当院は1991年の開院以来、横浜市北部の中核病院として、地域医療に貢献してまいりました。スタッフは全部で10名、全員専門職トレーニングカリキュラムを受けており、うち6名が日本産婦人科学会公認認定医取得済みでさらに5名は同指導医資格を有しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患-手術あり-片眼 741 2.79 2.76 0.00% 75.62
020240xx97xxx0 硝子体疾患-手術あり-片眼 48 3.19 5.65 0.00% 69.77
020160xx97xxx0 網膜剥離-手術あり-片眼 35 5.40 8.97 0.00% 55.09
020200xx9710xx 黄斑、後極変性-手術あり-処置1:あり-処置2:なし 35 4.29 6.49 0.00% 71.43
020200xx9700xx 黄斑、後極変性-手術あり-処置1:なし-処置2:なし 15 4.53 6.30 0.00% 70.53
当科では地域の中核病院として、白内障、網膜硝子体疾患、緑内障をはじめとした幅広い領域の眼科疾患の治療にあたっております。地域医療機関と緊密な連携の下に、主に手術治療が必要な急性期疾患の治療に専念しており、慢性期には近医のホームドクター(かかりつけ医)に治療をお願いしていますので、当院初診の方は紹介状をご持参くださいますようお願いします。
治療を行う上では十分な説明を最も重視し、またセカンドオピニオンや他の専門医への紹介には躊躇なく取り組んでいます。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 71 7.76 8.81 0.00% 54.63
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 63 5.76 6.71 0.00% 52.29
03001xxx0100xx 頭頸部悪性腫瘍-頸部悪性腫瘍手術等-処置1:なし-処置2:なし 39 17.44 13.68 0.00% 71.59
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍-手術あり 36 5.14 7.20 0.00% 58.78
030390xx99xxxx 顔面神経障害-手術なし 27 7.70 9.17 0.00% 51.52
耳鼻咽喉科は頭蓋底から鎖骨までの領域のうち、眼球を除いた部分すべてを扱います。耳、鼻、のどだけでなく、顔面神経、唾液腺、甲状腺のような臓器も含まれます。対象となる患者さんは老若男女を問いません。治療にはお薬を使う内科的な治療と、手術を行う外科的な治療の両方を行います。そのため耳鼻咽喉科診療では幅広い知識と技術が必要です。当院には高度な設備があり、検査や治療に際して大学病院レベルを目標とした診療を行っています。完全紹介制、病診連携、病病連携を進めております。いったん病気が落ち着いた状態となれば、かかりつけ医で治療や経過観察の継続をお勧めしています。耳、鼻、のどは感覚が敏感な部位であり、患者さんはつらい症状に悩まされています。患者さんのつらい症状を理解し、ともに病気を治療していくことを心掛け、診療に当たっています。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん-手術なし-処置2:なし-副病:なし 32 9.09 7.48 6.25% 56.88
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:2あり-副病:なし-発症前Rankin Scale 0、1又は2 31 17.94 15.54 29.03% 72.87
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作-処置2:なし 29 8.35 6.36 0.00% 72.69
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 26 30.39 18.86 57.69% 75.38
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:4あり-副病:なし-発症前Rankin Scale 0、1又は2 22 22.23 15.64 36.36% 69.36
脳神経内科と脳神経外科が協力して急性期脳血管障害はもちろんあらゆる神経系疾患を診療しているのが特徴です。脳神経内科と開業医・プライマリケア医との病診連携、横浜労災病院と回復期リハビリテーション病院との病病連携にも力をいれています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症-処置1:なし 25 13.88 12.87 4.00% 71.40
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 9.12 - -
080050xxxxxxxx 湿疹、皮膚炎群 - - 10.20 - -
080110xxxxx0xx 水疱症-処置2:なし - - 28.91 - -
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物-皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等-処置1:なし - - 4.06 - -
総合病院の皮膚科としての責務を果たすべく、特定の治療や手術、検査に特化した皮膚科を目指していますが、一通りの皮膚疾患に対し、満足していただけるような診療を行いたいと思っています。
 検査は、パッチテストやスクラッチテスト、治療は小手術、紫外線治療(全身型ナローバンドUVB照射装置)、アトピー性皮膚炎の治療薬であるデュピクセント®や難治性慢性蕁麻疹の治療薬であるゾレア®の導入、尋常性乾癬の生物学的製剤も使用できます。また、自費診療になりますが、Qスイッチルビーレーザー(茶または青あざ治療)、炭酸ガスレーザー、5%ハイドロキノン軟膏、レチノイン酸軟膏でのシミ治療も行っています。 
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:あり 313 3.40 2.54 0.00% 70.03
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍-前立腺悪性腫瘍手術等 86 12.49 11.89 0.00% 67.33
11012xxx020x0x 上部尿路疾患-経尿道的尿路結石除去術-処置1:なし-副病:なし 70 5.76 5.67 0.00% 61.43
110070xx02xxxx 膀胱腫瘍-膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術+術中血管等描出撮影加算 64 7.72 7.09 0.00% 71.84
110420xx02xx0x 水腎症等-経尿道的尿管ステント留置術等-副病:なし 58 4.91 4.13 1.72% 68.74
治療方針として、『可能な限り低侵襲で最大の効果を得る』を第一にしています。
2013年9月より「ダヴィンチSi」を導入し、ロボット支援下前立腺全摘術を行っております。
2017年は135例にロボット支援下前立腺全摘術を施行しました。適応がある場合には積極的に男性機能温存を行っています。
腎臓・副腎・尿管の悪性疾患に対しては開腹手術ではなく、ほぼ全例で腹腔鏡手術を行っており、年間約100件の腹腔鏡手術を行っています。また、腎臓の悪性腫瘍については、新たに2017年2月よりロボット支援下腎部分切除術を開始しました。従来の腹腔鏡下手術では困難であった症例も腎部分切除術が無理なく行えるようになりました。
浸潤性膀胱がんに対しては2017年6月より腹腔鏡下膀胱全摘術を開始しました。開放手術と比較して術中の出血量が圧倒的に少ないので術後の早期回復が期待できます。また、更なる発展として2018年4月より保険収載が認められるロボット支援下膀胱全摘術を導入しました。尿路変更術として、適応があり、かつ希望のある患者さんに対してはストーマ(尿の人工肛門)にはならない代用膀胱造設術を施行しています。
それ以外にも尿路結石症に対する体外衝撃波結石砕石術・軟性尿管鏡/レーザーを用いた内視鏡治療(TUL/f-TUL)、および前立腺肥大症に対する内視鏡手術(TUR-PHoLEP)など良性疾患に対する様々な治療も同時に行っています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040110xxxxx0xx 間質性肺炎-処置2:なし 39 20.15 18.61 12.82% 77.10
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:4あり-副病:なし 38 10.29 9.42 0.00% 74.66
040040xx99041x 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:4あり-副病:あり-0 33 12.79 15.61 0.00% 74.94
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:あり-処置2:なし 31 9.00 3.39 0.00% 74.16
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:なし 29 15.31 13.30 17.24% 77.90
当院では、呼吸器内科と呼吸器外科が呼吸器センターとして一体となった体制で呼吸器疾患診療にあたっていることが大きな強みとなっています。内科・外科は同じ病棟と外来診療室で診療に従事し、相談・連携を滞りなく行うことができる環境が整っています。また、アスベスト疾患ブロックセンターと一体化し、胸膜中皮腫などのアスベストが関与する疾患の診断と治療にも積極的に取り組んでいます。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈-経皮的カテーテル心筋焼灼術-処置2:なし 250 4.52 4.95 0.00% 64.52
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患-経皮的冠動脈形成術等-処置1:なし、1,2あり-処置2:なし 194 7.12 4.44 0.00% 69.24
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:1あり-処置2:なし 170 3.55 3.07 1.18% 68.77
050130xx9900xx 心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし 138 15.31 17.23 5.07% 83.40
050210xx97000x 徐脈性不整脈-手術あり-処置1:なし、1,3あり-処置2:なし-副病:なし 128 7.58 10.56 0.00% 79.13
循環器内科の対象疾患としては主に虚血性心疾患(狭心症・急性心筋梗塞)、閉塞性動脈硬化症、心不全、高血圧、不整脈、心臓弁膜症、心筋症などがあげられます。
当科ではこのような疾患に24 時間対応できるよう常に待機しております。又、近隣の病院や医院の先生方とも連携し最善の治療を提供できるよう心がけております。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし 79 8.22 11.04 0.00% 59.94
110280xx9901xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-手術なし-処置1:なし-処置2:1あり 34 15.62 14.01 5.88% 68.35
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症-手術なし 21 12.52 13.00 14.29% 73.95
110280xx97x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-その他の手術あり-処置2:なし-副病:なし 19 16.79 15.20 5.26% 53.42
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-動脈形成術、吻合術 その他の動脈等-処置2:1あり 16 33.13 33.50 25.00% 68.06
2009年に日本腎臓学会より刊行された「CKD診療ガイド」によりCKD(慢性腎臓病)という病名が一般化してきました。腎臓病の多くは無自覚のまま発症し緩徐に進行し、放置すると不可逆的な「慢性腎臓病」となります。
食事療法やRAS阻害薬などによる降圧、尿蛋白抑制は、末期腎不全への進行をある程度は抑制してくれますが、腎機能障害が一定以上進行すれば、いずれ腎機能は廃絶し透析が必要となります。
しかし、慢性糸球体腎炎やネフローゼ症候群の中には、早期にステロイドや免疫抑制剤などの治療を開始することにより完全緩解が見込まれる(CKDにならない)場合も多くあります。また、血管炎による急速進行性糸球体腎炎のように数週から数ヶ月の間に腎機能が廃絶し、治療開始の遅れによって生命が脅かされる疾患も存在します。
そのため、検尿などによる検査で、腎臓の異常をいち早く察知し、速やかに診断をつけ加療を開始することが肝要です。腎臓内科では、腎疾患の早期発見、診断と早期治療による慢性腎臓病への進行阻止を第一に考えます。また、腎臓内科ではこれまでに様々な腎疾患の経験を積んでおり、同時に日々偏りのない最新の知見を収集し、これらをもとに腎予後と生命予後の両面から治療方針を検討しています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等-手術なし-処置2:なし 30 1.77 3.33 0.00% 41.73
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒)-処置2:なし-副病:なし 30 2.00 3.81 0.00% 32.80
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神及び行動の障害-副病:なし 18 1.67 3.74 0.00% 49.33
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷-手術なし-処置2:なし-副病:なし 16 1.81 8.18 0.00% 38.00
100380xxxxxxxx 体液量減少症 15 1.87 10.51 26.67% 72.13
当院は、2011年4月から、特に重症度や緊急性の高い救急患者さんに対応する施設である「救命救急センター」の認可をうけました。しかし、それまでとかわらず、たとえ軽症であっても、また来院方法(救急車での来院か、そうでないか)にかかわらず、急に具合が悪くなった方に対応しています。 また、救急外来では、小児科領域と産婦人科領域の患者さん以外は、昼夜や休日を問わず、まず救急医が初療し、その後に必要に応じて各科専門医に相談する、という運営方式をとっています。
2019年度は,24,484名の救急患者さんが当院を受診され,5901名(全救急患者の24.1%)の患者さんが入院されました。受け入れた救急車の台数は7,185台でした。しかし,2020年度はコロナ禍となり,病院を受診する患者さんが減り,また感染予防の観点から,一度に救急外来で対応できる患者さんの数に限りが出てしまい,受け入れることのできた救急患者数は16,849名に減少しました。しかし,CPA(心肺停止症例),重篤,重症に分類される患者さんについては,これまで通りの人数を担当することができました。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x5xx 非ホジキンリンパ腫-手術なし-処置2:5あり 67 22.72 20.27 0.00% 71.30
130030xx99x4xx 非ホジキンリンパ腫-手術なし-処置2:4あり 30 17.57 11.14 0.00% 69.43
130010xx97x2xx 急性白血病-手術あり-処置2:2あり 23 48.48 38.35 4.35% 59.83
130030xx99x9xx 非ホジキンリンパ腫-手術なし-処置2:9あり 23 16.70 13.54 0.00% 69.48
130030xx97x50x 非ホジキンリンパ腫-手術あり-処置2:5あり-副病:なし 17 39.65 31.90 0.00% 64.53
血液内科では、血球異常の精査を通じて、鉄欠乏性貧血、悪性貧血、溶血性貧血などの貧血、再生不良性貧血、急性あるいは慢性白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、血小板減少症、血友病などの検査・治療にあたります。
スタッフの人数は少ないですが、医師は全員日本血液学会認定血液専門医であり、最新の標準的な治療に対応しております。また看護師・薬剤師・理学療法士・MSWとも連携し、チーム医療を実践しております。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)-内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 552 2.49 2.66 0.00% 66.98
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎-限局性腹腔膿瘍手術等-処置2:なし-副病:なし 170 11.64 9.53 2.35% 75.46
060020xx04xxxx 胃の悪性腫瘍-内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 47 7.36 8.11 0.00% 76.23
060102xx99xxxx 穿孔又は膿瘍を伴わない憩室性疾患-手術なし 46 8.59 7.74 0.00% 66.59
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 38 9.29 9.08 0.00% 67.08
消化管、肝胆膵のすべての消化器系にわたる疾患を扱い、急性期治療から高度医療に至るまで高いレベルの診療を目指しています。一般的な消化器疾患から救急症例、高度治療症例まで、あらゆる症例を積極的に受け入れて地域医療支援病院としての貢献に努めています。
リウマチ内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患-手術なし-処置2:なし-副病:なし 19 19.79 15.28 0.00% 68.16
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症-手術なし - - 13.00 - -
040110xxxxx0xx 間質性肺炎-処置2:なし - - 18.61 - -
070470xx99x0xx 関節リウマチ-手術なし-処置2:なし - - 15.90 - -
070560xx97xxxx 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患-手術あり - - 37.12 - -
リウマチ科・膠原病内科は、関節リウマチや全身性エリテマトーデスなど、全身性自己免疫疾患の診断、治療を行っています。
当院では2018年4月に新たにリウマチ・膠原病センターを設置いたしました。リウマチ・膠原病の診療に関し、院内においては他科との更なる連携をもって高度な医療を提供すること、院外においてはそれに携わる診療所・病院の医師を支援し、診療の更なる質の向上を目指すことを目標としています。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx010xxx 乳房の悪性腫瘍-乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等-処置1:なし 123 11.41 10.30 0.00% 61.47
090010xx02xxxx 乳房の悪性腫瘍-乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 89 6.30 6.02 0.00% 57.28
090010xx99x0xx 乳房の悪性腫瘍-手術なし-処置2:なし - - 9.58 - -
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍-手術あり - - 4.13 - -
070040xx99x0xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。)-手術なし-処置2:なし - - 9.85 - -
現在、日本における乳がんの罹患者数は年間9 万人と言われています。特に、乳がんは40 歳後半から50 歳代で罹患率が高く、職場でも家庭でも中心的な役割を担う世代で発症するのが特徴です。その一方で、85%の乳がん患者さんは病気を克服して「もとの人生」へ戻ることができるようになりました。これからの乳がん診療は、治療だけではなく「がんが治った後の生活」も考えた患者支援が必要となってきます。横浜労災病院では「がん看護専門看護師によるがん看護外来」、「がん化学療法認定薬剤師による服薬・副作用支援外来」、「リンパ浮腫療法士によるリンパ浮腫外来」、「専門相談員によるがん治療と就労の両立支援相談室」、「乳がん体験者(ピアサポート)相談室」などを設置して、患者さんが安心して乳がん治療を受けられるような環境作りに取り組んできました。さらに2017 年4 月からは、「患者中心の医療」を実践するための包括的乳腺先進医療センターの運用を開始しました。本センターは、横浜市が推し進める「総合的ながん対策推進事業」の一つに位置づけられており、横浜市が指定する4 ヶ所の「横浜市乳がん連携病院」に認定されています。名称の由来とて、“ 包括的” という言葉には「医師による治療だけではなく、看護師・薬剤師をはじめとしたメディカルスタッフによる支援の充実」、“ 先進” という言葉には「最先端の治療だけではなく、他の地域にはない一歩進んだ患者支援の実践」、“ 医療” という言葉には「治療を受ける“ ひと” に寄り添った患者目線での診療」という想いが込められています。
腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)-手術なし-処置2:4あり-副病:なし 26 10.77 9.31 0.00% 69.31
06007xxx97x6xx 膵臓、脾臓の腫瘍-その他の手術あり-処置2:6あり - - 14.80 - -
060010xx99x30x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)-手術なし-処置2:3あり-副病:なし - - 17.00 - -
060010xx97x3xx 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。)-その他の手術あり-処置2:3あり - - 47.37 - -
060060xx99030x 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:3あり-副病:なし - - 6.52 - -
がんはわが国の死因の第1位で死亡者数の約3割を占めています。日本人の2~3人に1人が生涯のうちにがんに罹患するとされており、がん患者数増加にともなって薬剤によるがん治療を受ける方も増えています。
抗がん剤に加えて、分子標的治療薬や最近話題のオプジーボに代表されるがん免疫療法の登場など、めざましい薬剤開発により治療薬の種類も年々増えています。がん治療の可能性が広がる一方で薬物治療が複雑化してきており、がん薬物療法に関する専門家の役割が重要になっています。
当科ではがん薬物療法の専門的な知識や経験を持つ医師が診療にあたっており、個々の患者さんの病状やご希望に十分配慮し、最適な治療を提供するよう努めています。また、他のがん診療科と定期的にカンファレンスを行って院内横断的な診療体制の充実をはかり、質の高いがん診療を病院の総意としてめざしています。当院が総合病院であるメリットを活かし、さまざまな合併症を持つ患者さんの治療を安全に行える態勢を作っています。
糖尿病内科・内分泌内科・代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100180xx991xxx 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍-手術なし-処置1:あり 111 6.28 3.73 0.00% 50.26
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)-処置2:1あり 63 12.89 14.60 1.59% 65.57
100180xx02xxxx 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍-腹腔鏡下副腎摘出術等 60 8.88 9.86 0.00% 51.17
100180xx990x0x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍-手術なし-処置1:なし-副病:なし 36 5.75 6.26 0.00% 51.22
10007xxxxxx0xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)-処置2:なし 27 11.22 11.26 0.00% 63.96
開院以来、横浜医療圏で唯一の内分泌疾患と代謝疾患を同時に診療可能な専門医療施設として、脳下垂体、甲状腺、副甲状腺、膵臓、副腎の異常が原因のホルモンの病気や、糖尿病、コレステロールや中性脂肪が増加する病気である脂質異常症などの病気の診断治療にあたっています。とくに、ホルモンの病気と糖尿病に関しては、大学病院を上回る患者さんが受診されていて、外来、入院で医学情報に基づいた診断、治療を行っております。
心療内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100270xxxxx0xx 間脳下垂体疾患(その他) 手術・処置等2なし 1 21.00 30.85 0.00 18.00
心療内科部門では、内科の一部として、主として内科系心身症を中心にした「ストレス関連疾患」を診療の対象としています。頭痛、呼吸苦、動悸、腹痛、食欲不振、下痢などの身体症状を主にした病状を扱う点は内科一般と同じですが、当科では、体の面からだけではなく、心の面からもアプローチする点が特色です。
精神科では、うつ病や認知症などの外来加療継続に加え、さまざまな精神疾患を抱えた患者さんの、他科治療継続への協力を行っています。
また、労災病院では勤労者医療に重点をおいており、当科でも産業医と連携して「職場と関連したメンタルヘルス不調」に対する診療活動に力を入れています。勤労者メンタルヘルスセンターのバックアップも当科の活動の一環です。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 24 9 17 14 61 4 1 8
大腸癌 18 35 35 41 58 19 2 9
乳癌 102 66 18 15 3 17 1 8
肺癌 90 16 80 145 11 48 1 8
肝癌 4 4 9 4 13 5 2 6

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 3 5.00 40.67
中等症 32 10.59 71.03
重症 17 13.35 83.59
超重症 8 11.50 85.00
不明 - - -
重症度3以下が全体の8割以上となっています。年齢が高いほど重症度が増す傾向があります。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 149 22.12 72.58 22.67%
その他 23 24.70 65.91 4.07%
3日以内の割合が8割以上になっています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 26 1.00 1.00 0.00% 4.50
K836 停留精巣固定術 10 1.00 1.00 0.00% 0.90
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) - - - - -
K6333 臍ヘルニア手術 - - - - -
K6335 鼠径ヘルニア手術 - - - - -
平成27年4月から、小児外科の常勤医が配属され、幅広い小児外科疾患への対応が可能になりました。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 93 1.29 1.72 0.00% 72.65
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 80 1.33 4.48 0.00% 55.24
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 36 6.11 22.53 2.78% 77.69
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 25 3.32 9.88 0.00% 67.68
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 23 0.09 4.22 0.00% 46.52
外科では消化器疾患、腹部救急疾患の診断と治療を主に扱っています。特に手術を必要とする消化器癌(食道癌、胃癌、大腸癌、直腸癌、肝胆膵悪性腫瘍)、急性腹症(手術が必要なおなかが痛い状態)および腹部外傷がその中心となっています。
虫垂炎、鼡径ヘルニア、腸閉塞などの症例数も多く、緊急の状態にもすぐ対応できる、地域の方々に必要とされる病院を目指しています。
悪性疾患では、正確な術前診断による患者さんに最も適した根治性とQOL(Quality of Life)の得られる手術の選択と、標準医療を心がけています。
難治性の癌に対する拡大手術も麻酔科等との協力により施行可能な体制を整えており、手術後も集中治療部を活用することで、かなり難しい手術でも安全に回復することが可能です。また、手術後の化学療法や放射線療法を行えるよう腫瘍内科、放射線科と協力する体制を整えています。
最近の手術において、キーワードとなっている低侵襲手術(患者さんにやさしい=キズの小さな手術)であるところの腹腔鏡下手術も積極的に施行しています
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) etc. 132 2.07 24.65 3.03% 73.89
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 106 3.59 20.61 18.87% 71.17
K0461 骨折観血的手術(大腿) etc. 101 1.70 23.61 46.53% 74.55
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 82 3.81 56.44 17.07% 69.71
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 72 5.88 34.46 36.11% 64.03
整形外科では現在18名の医師が、診断・治療にあたりますが、特に脊椎・脊髄、手・末梢神経、股・膝関節、リウマチの疾患や外傷が非常に多く、それぞれの専門医が治療にあたります。頚髄症、頚椎後縦靱帯骨化症、脊髄腫瘍、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、腕神経叢損傷、肘部管症候群、手根管症候群、変形性股関節症、変形性膝関節症、膝半月板損傷、リウマチ性関節疾患などが当科の非常に多い代表的疾患です。また、労働災害・交通事故などに伴う外傷は多くが四肢・骨盤・脊椎の外傷を合併しており、運動器外傷センター(平成26年4月より開設)として対応する緊急手術が多いのも特徴です。いずれの分野も、十分な説明・低侵襲・高い安全性を心がけ、早期離床・早期機能回復に努めています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 25 0.60 3.64 0.00% 78.00
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) - - - - -
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) - - - - -
K288 副耳(介)切除術 - - - - -
当院の形成外科が担当するのは体の表面に関するさまざまな変化、たとえば外傷・腫瘍・先天疾患・その他後天的に生じた変形などの治療です。また、それらの治療によって生じた組織の欠損を修復する"再建"も形成外科の重要な仕事です。患者さんの健常な部分の皮膚・筋肉・骨などを移植することで、欠損した組織を元の形態に近いところまで作り直したり、機能の喪失を回避したりすることが可能です。
形成外科は、これらの治療の多くをその疾患部位・組織を専門とする診療科と合同で行うことも多く、さまざまなチーム医療に参加していることも大きな特徴です。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 40 6.53 31.43 10.00% 59.80
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 31 0.97 9.45 3.23% 78.45
K160-2 頭蓋内微小血管減圧術 11 1.27 12.91 0.00% 59.73
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
週2回、火木が定時の手術日です。手術件数が多いため、1日に2−3件の手術を行います。急患手術は随時可能です。手術室には脳外科手術に必要な器具(手術用顕微鏡、ドップラー血流計、超音波診断装置、神経刺激装置、超音波吸引器(CUSA、レーザー(LASER)など)はそろっており、2008年手術用顕微鏡は更新されました。必要に応じてナビゲーションシステムも使用しています。
脳神経外科では、脳腫瘍に対する開頭手術が多いことが特徴のひとつです。その多くは、髄膜腫、聴神経腫瘍、下垂体腺腫、神経膠腫、転移性脳腫瘍等が占めています。良性腫瘍に対しては原則として手術による全摘出を目指し、これが困難あるいは危険な場合のみ、ガンマナイフ等の放射線治療の併用を考慮します。悪性腫瘍の場合には、手術のみによる治療は困難であり、放射線治療や薬物療法を併用します。
脳出血やクモ膜下出血等の脳血管障害や頭部外傷は緊急性を有することがほとんどであるため、随時緊急手術を行っています。言うまでもなく、夜間や休日にも対応が可能です。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 53 1.77 2.28 0.00% 33.77
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) etc. 46 2.20 7.83 0.00% 70.07
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるも etc. 30 2.43 8.13 0.00% 69.17
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 29 1.66 2.72 0.00% 69.79
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 13 1.15 2.77 0.00% 68.23
呼吸器外科では種々の疾患に対して胸腔鏡手術(ビデオモニター使用し、傷が小さく、体へのダメージが少ない手術)を積極的に導入しています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 16 1.00 1.00 0.00% 72.81
K5551 弁置換術(1弁) 14 8.00 45.21 0.00% 68.00
K5606 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(分枝血管の再建)) 12 4.17 15.00 8.33% 73.83
K5612イ ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 10 6.20 12.80 10.00% 74.50
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) - - - - -
心臓血管外科手術症例数は常に年間150例を上回っており、心臓血管外科専門医認定機構の指定する基幹施設に認定されています。
主なものとしては、狭心症に対する冠動脈バイパス術、弁膜症に対する弁置換術・弁形成術、大動脈解離・大動脈瘤に対する従来型の開胸開腹下での手術とより低侵襲なステントグラフト内挿術、成人の先天性心疾患に対する手術、重症心不全に対する手術治療等を行っています。末梢血管手術として、下肢静脈瘤や末梢動脈閉塞に対する手術も行っています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側,腹腔鏡) etc. 105 0.96 4.12 0.00% 41.36
K877-2 腹腔鏡下膣式子宮全摘術 etc. 85 1.12 3.85 0.00% 48.54
K867 子宮頸部(腟部)切除術 51 1.00 0.96 0.00% 43.10
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 27 1.00 3.48 0.00% 38.37
K872-32 子宮内膜ポリープ切除術(その他) etc. 27 0.96 0.93 0.00% 43.48
産科も婦人科も救急疾患に十分対応できます。また悪性腫瘍の治療でも、全国に誇れる治療成績で今まで十分な実績を上げてまいりました。さらに、腹腔(内視)鏡手術も専門医赴任による適応拡大により症例数、手術内容もいっそう充実してきました。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 756 0.85 0.94 0.00% 75.57
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 100 0.12 3.44 0.00% 64.20
K279 硝子体切除術 25 0.76 0.92 0.00% 74.56
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 24 0.08 2.50 0.00% 65.96
K281 増殖性硝子体網膜症手術 18 0.28 3.22 5.56% 57.28
当科では地域の中核病院として、白内障、網膜硝子体疾患、緑内障をはじめとした幅広い領域の眼科疾患の治療にあたっております。地域医療機関と緊密な連携の下に、主に手術治療が必要な急性期疾患の治療に専念しており、慢性期には近医のホームドクター(かかりつけ医)に治療をお願いしていますので、当院初診の方は紹介状をご持参くださいますようお願いします。
治療を行う上では十分な説明を最も重視し、またセカンドオピニオンや他の専門医への紹介には躊躇なく取り組んでいます。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 58 0.91 3.79 0.00% 53.02
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 34 1.00 6.12 0.00% 23.32
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(耳下腺浅葉摘出術) 13 1.00 3.08 0.00% 59.92
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ) 12 1.00 4.25 0.00% 43.42
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) 12 0.58 1.00 0.00% 62.00
耳鼻咽喉科は頭蓋底から鎖骨までの領域のうち、眼球を除いた部分すべてを扱います。耳、鼻、のどだけでなく、顔面神経、唾液腺、甲状腺のような臓器も含まれます。新生児から成人、ご老人まで、そして男女とも対象となるため、対象となる患者さんは老若男女を問いません。治療にはお薬を使う内科的な治療と、手術を行う外科的な治療の両方を行います。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 130 1.59 5.63 0.00% 73.98
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 86 1.28 10.21 0.00% 67.33
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 70 0.79 5.99 1.43% 68.96
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 60 1.45 3.37 1.67% 61.30
K773-5 腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 24 1.33 8.58 0.00% 64.54
治療方針として、『可能な限り低侵襲で最大の効果を得る』を第一にしています。
2013年9月より「ダヴィンチSi」を導入し、ロボット支援下前立腺全摘術を行っております。
2017年は135例にロボット支援下前立腺全摘術を施行しました。適応がある場合には積極的に男性機能温存を行っています。
腎臓・副腎・尿管の悪性疾患に対しては開腹手術ではなく、ほぼ全例で腹腔鏡手術を行っており、年間約100件の腹腔鏡手術を行っています。また、腎臓の悪性腫瘍については、新たに2017年2月よりロボット支援下腎部分切除術を開始しました。従来の腹腔鏡下手術では困難であった症例も腎部分切除術が無理なく行えるようになりました。
浸潤性膀胱がんに対しては2017年6月より腹腔鏡下膀胱全摘術を開始しました。開放手術と比較して術中の出血量が圧倒的に少ないので術後の早期回復が期待できます。また、更なる発展として2018年4月より保険収載が認められるロボット支援下膀胱全摘術を導入しました。尿路変更術として、適応があり、かつ希望のある患者さんに対してはストーマ(尿の人工肛門)にはならない代用膀胱造設術を施行しています。
それ以外にも尿路結石症に対する体外衝撃波結石砕石術・軟性尿管鏡/レーザーを用いた内視鏡治療(TUL/f-TUL)、および前立腺肥大症に対する内視鏡手術(TUR-PHoLEP)など良性疾患に対する様々な治療も同時に行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 195 1.28 2.49 0.00% 66.43
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 181 4.19 4.93 1.10% 68.27
K597-2 ペースメーカー交換術 63 1.08 2.22 0.00% 81.24
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 57 1.74 3.75 0.00% 57.79
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 49 2.69 8.16 0.00% 78.16
冠疾患集中治療部では主に虚血性心疾患(狭心症・急性心筋梗塞)、閉塞性動脈硬化症、重症心不全の診断及び治療を行っております。冠動脈狭窄による虚血性心疾患に対し、カテーテル治療(バルーン拡張術、ステント留置術)を行います。ステント治療に関しては従来型のステント(bare metal stent)か再狭窄予防のための薬剤溶出性ステントを用いる場合がありますが、治療後の内服薬に違いがあるため患者様と相談し決定しております。血管の硬化が強い場合にはロータブレーターを用い血管壁を削る治療も積極的に行っております。又、近年心血管以外での血管治療もカテーテルで積極的に治療しております。カテーテル治療は安全かつ有効な治療ですが、侵襲性は低く患者様の負担を軽減することができると考えております。2泊から3泊程度の入院で行うことができ、退院後は早期に日常生活に戻ることができます。
不整脈科は経験豊富な専門医によって最新の不整脈治療を提供させて頂いております。頻脈性不整脈に対する根治療法であるカテーテル・アブレーション(焼灼術)に関しては、特に、複雑で治療困難な心室頻拍(VT)・心室細動(VF)などの重症心室性不整脈に対して力を入れており、全国各地からも多くの不整脈患者さんが紹介されて来られています。心房細動においてはバルーンカテーテルによる冷凍凝固心筋焼灼術(クライオアブレーション)も取り入れています。
ペースメーカー、両心室ペースメーカー(CRT-P)、植込み型除細動器(ICD)、両心室ペーシング機能付き植込み型除細動器(CRT-D)、完全皮下植込型除細動器(S-ICD)などの植込み型医療機器の手術や外来管理に関しても豊富な経験を有しています。また、不整脈に対する薬(抗不整脈薬)による治療に関してもエキスパートであり、近隣の病院や診療所の先生方からのご相談も数多くお受けしております。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純) 31 8.32 15.77 12.90% 64.32
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 10 1.00 11.50 0.00% 38.20
K610-3 内シャント設置術 - - - - -
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
透析をされる方のために内シャント設置術を施行しています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 537 0.33 1.15 0.00% 67.00
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 100 1.02 14.71 3.00% 73.64
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 89 0.89 7.92 1.12% 76.22
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 54 0.83 15.33 7.41% 67.52
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍胃粘膜) 48 1.02 5.33 0.00% 75.85
転移の可能性が極めて低く、内視鏡治療による根治が期待できる 早期の食道・胃・大腸癌やその前癌病変に対して積極的に内視鏡治療を行っております。 入院で約1週間の治療を基本としています。
内視鏡的粘膜切除術(EMR):病変直下の粘膜下層に局注液を注入し、正常粘膜が含まれるようにスネアをかけ病変を絞扼し、 通電切除します。
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD):EMRでは切除ができない2㎝を超える病変に対しては粘膜下層への局注後、ESD用の高周波ナイフ を用いて病変周囲の粘膜切開、直下の粘膜下層を剥離し消化管から病変を一括切除します。特に術前に悪性を疑う場合には、細径プローブ(UM-3R)を用いた超音波内視鏡による深達度診断を 行います。
当科では、胆膵疾患の早期診断、内視鏡治療を積極的に行っています。   
ERCPによる造影検査に続き、必要に応じて以下の治療などを行います。
胆道ドレナージ術:胆管狭窄や総胆管結石による胆汁うっ滞に対して、プラスチックチューブステントや金属ステント の留置を行っています。
結石除去術:十二指腸乳頭を切開(EST)あるいはバルーン拡張(EPBD)した後、総胆管や膵管内の結石を 除去します。
多数の総胆管結石が積み上げ状に存在する場合や巨大な総胆管結石の場合には、大口径 バルーン(EPLBD)での乳頭処置を行うことで、少ない処置回数、短時間での治療が可能です。
また、当院では慢性膵炎による膵管内結石に対して、保険診療でのESWL(体外衝撃波結石 破砕術)が可能です。腹痛や膵炎発症などの症状を有する患者様に対しては、 ESWLと内視鏡処置と組み合わせての膵石除去を行っています。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 90 1.11 4.24 0.00% 57.64
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 73 1.01 8.22 0.00% 63.92
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 30 1.03 10.50 0.00% 60.53
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) 13 1.00 9.85 0.00% 47.69
K6274 リンパ節群郭清術(腋窩) - - - - -
乳腺外科では、乳癌などの悪性疾患だけではなく、乳腺炎や乳腺症など乳腺疾患全般の診断と治療を行っています。横浜労災病院における乳癌診療の特徴は、乳腺専門医(乳腺外科)、がん薬物療法専門医(腫瘍内科)、放射線治療専門医(放射線治療科)が連携して「専門家集団による乳癌治療」が行なわれていることです。また、手術治療では乳房再建術にも力を入れており、人工乳房(シリコンインプラント)再建だけではなく、形成外科専門医による顕微鏡下血管吻合を駆使した自家組織(腹部脂肪皮弁)再建も積極的に行なっています。このように、我々は「がんを治すこと」だけではなく「がんが治った後の生活」までを視野に入れて、一歩進んだ乳癌治療をめざしています。
腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 26 1.96 11.46 0.00% 66.69
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 - - - - -
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 - - - - -
在宅での点滴が必要な抗がん剤治療や、腕の血管からの点滴が困難な方に、埋め込みカテーテルの留置手術を受けていただくことがあります。
糖尿病内科・内分泌内科・代謝内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K754-2 腹腔鏡下副腎摘出術 60 1.47 6.42 0.00% 51.17
K755-2 腹腔鏡下副腎髄質腫瘍摘出術(褐色細胞腫) - - - - -
K171-21 内視鏡下経鼻的腫瘍摘出術(下垂体腫瘍) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
副腎疾患について、泌尿器科と連携して診療を行っています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 4 0.03%
異なる 13 0.09%
180010 敗血症 同一 23 0.16%
異なる 31 0.22%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる 1 0.01%
180040 手術・処置等の合併症 同一 16 0.11%
異なる 4 0.03%
重症な症例である播種性血管内凝固症候群(DIC)、敗血症等をどの程度扱っているかを見る指標で、少なければ少ないほどよいとされています。但し、入院契機と同一の場合は、重症の患者様を多く受け入れていると捉えることができます。

更新履歴

2021.9.27