神経内科

診療概要

横浜労災病院神経内科は日本神経学会認定教育施設かつ日本脳卒中学会認定脳卒中教育施設であり、平成29年度の正規医師(常勤医)は4名(4名は神経内科専門医、2名は脳卒中専門医)、専修医(後期研修医)は2名(東京大学神経内科医局より赴任)である。他に救命災害医療部長の神経内科専門医が1名おり、脳卒中専門医でもある。脳神経外科医は常勤医2名が脳卒中専門医の資格をもっている。したがって、横浜労災病院全体では神経内科専門医が5名、脳卒中専門医が5名いることになり、神経内科と脳神経外科が協力して急性期脳血管障害はもちろんあらゆる神経系疾患を診療しているのが特徴である。神経内科と開業医・プライマリケア医との病診連携も充実している

診療スタッフ

氏名 専門 専門医・認定医等
神経内科部長 今福 一郎 臨床神経学
神経心理学
脳卒中学
東京大学医学部医学科、昭和63年卒。内科認定医・指導医、神経内科専門医・指導医、脳卒中専門医。日本神経学会評議員、日本神経学会関東地方会世話人、日本神経学会卒後教育小委員会委員。日本脳卒中学会評議員。
神経筋疾患部長 中山 貴博 臨床神経学
画像解析
筋画像
筑波大学医学専門学群、平成6年卒。総合内科専門医・指導医、神経内科専門医・指導医、脳卒中専門医。
神経内科医長 北村 美月   旭川医科大学卒.総合内科専門医・指導医、神経内科専門医。
医師 佐藤 和也    
安田 勉    
川崎 怜子    
救急災害医療部長 中森 知毅 臨床神経学
神経生理学
脳卒中学
救急医学
山口大学医学部、平成2年卒。内科認定医、救急専門医、神経内科専門医・指導医、脳卒中専門医、ICLSディレクター、JPTECインストラクター、AHA-ACLSインストラクター、横浜救急指導医。

体制

横浜労災病院では、救命救急センター医師以外に神経系医師(脳神経外科、神経内科)が日当直をしている。日当直は脳神経外科医、神経内科医が交代で行う。脳神経外科医が当直の時、神経内科医がオンコール、神経内科医が当直の時、脳神経外科医がオンコールの体制をとっており、神経内科、脳神経外科いずれの疾患にも対応できるようになっている。脳血管障害においてはTIAや脳梗塞、手術非適応例の脳出血は神経内科が担当科となり、くも膜下出血等の手術適応例は脳神経外科が担当科となる。

診療内容

神経内科病床30床に対し、年間入院数は800名前後である。神経系としての月間入院患者数は、医療情報局を参照されたい。神経内科分野のほとんどあらゆる疾患に対応している。 月曜は7:00 AMから8:15AM、火曜〜金曜は7:15 AMから8:15AMにモーニングカンファランスを行っており、前日〜当日早朝までに入院患者の方針を決める。神経内科担当疾患でも将来手術適応になりそうな例について、また脳神経外科に紹介した患者のその後について月曜の朝にお互いに症例呈示して検討し、フィードバックを行う。難解な症例については金曜18:00〜の脳神経外科カンファランスに呈示して討論する。神経内科の回診は月曜日10:00〜17:00に行われている。火曜16:30〜17:00リハビリテーション科とのリハカンファが行われている。月1回,剖検患者のBrain cuttingや神経・筋生検の標本をみての病理カンファが行われている。

外来診療日

受付時間 8:15~11:00(予約の方は、予約時間に合わせて受付いたします)
※「予約」は事前予約または紹介状が必要です。
※初めて受診される方は、初診診療状況一覧表をご覧ください。

(注) ★印:部長 ☆印:副部長 
※手術・緊急呼び出し等により予告なく担当医に変更のある場合があります。ご了承ください。

臨床実績

2016年度病床数30床に対する年間入院数

項目 入院数
入院総数 709
脳梗塞 248
心原性脳塞栓症 76
アテローム血栓性脳梗塞 107
ラクナ梗塞 51
その他 14
TIA 70
脳出血 69
めまい 8
多発性硬化症 24
ALS 17
てんかん(症候性も含む) 61
パーキンソン関連疾患 16
髄膜炎 16
脊髄小脳変性症+多系統萎縮症 16
重症筋無力症 8
GBS関連疾患 24
嚥下性肺炎 35
末梢神経障害・CIDP 11
その他 103

rt-PA静注療法(超急性期脳梗塞患者に対する血栓溶解療法)は,適応例に対して積極的に施行しており,治療成績はNINDSアルテプラーゼ群,J-ACTに対して遜色ない. mRSの0〜1(全く症状なし+何らかの症状はあるが障害なし)に回復した症例は,当科におけるrt-PA静注療法施行例の40%以上である.

神経内科の詳しい情報

ページの先頭へ