診療科目

トップページ > 診療科目 > 専門診療科 > 糖尿病内科・内分泌内科・代謝内科

糖尿病内科・内分泌内科・代謝内科

insert_comment紹介制

医師紹介

 
  • 内分泌・糖尿病センター長
    内分泌内科部長、代謝内科部長
  • 齋藤 淳(さいとう じゅん)
  • ● 卒業年次:
    昭和62年
  • ● 専門分野:

    内分泌

  • ● 学会専門医・認定医:

    日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本内分泌学会指導医

 
  • 糖尿病内科
    部長
  • 鶴谷 悠也(つるたに ゆうや)
  • ● 卒業年次:
    平成15年
  • ● 専門分野:

    糖尿病、脂質異常症

  • ● 学会専門医・認定医:

    日本内科学会認定内科医・専門医・指導医、日本糖尿病学会糖尿病専門医・指導医

compare_arrows横スクロールで続きを表示

役職氏名卒業年次専門専門医・認定医等
名誉院長 西川 哲男 昭和47年

一般内科内

分泌代謝

日本内科学会認定医・指導医日本内分泌学会指導医
日本糖尿病学会専門医・研修指導医
日本高血圧学会指導医
医師 中井 一貴 平成24年

医師 洲之内 尭 平成27年 内分泌
糖尿病
医師 廣瀨 玲 平成27年 内分泌
糖尿病
医師

櫃割 拓平

平成29

医師

土屋 美帆

平成30年
医師 尾崎 光一 平成30年
医師 渡邉 一樹 平成31年
医師 入江 航生 平成31年
医師 新保 香織 平成31年
医師 平高 明音 平成31年
医師 浅見 文邦 平成31年

診療科紹介

開院以来、横浜医療圏で唯一の内分泌疾患と代謝疾患を同時に診療可能な専門医療施設として、脳下垂体、甲状腺、副甲状腺、膵臓、副腎の異常が原因のホルモンの病気や、糖尿病、コレステロールや中性脂肪が増加する病気である脂質異常症などの病気の診断治療にあたっています。とくに、ホルモンの病気と糖尿病に関しては、大学病院を上回る患者さんが受診されていて、外来、入院で医学情報に基づいた診断、治療を行っております。
糖尿病の診療では、各種負荷試験によるインスリン抵抗性と内因性インスリン分泌機能を評価するとともに、コーチングの手法を取り入れて患者さんのご希望や生活状況を加味した患者さん中心のオーダーメイド治療を、糖尿病療養指導チームの医師、看護師、栄養士、検査技師、薬剤師、心理療法士、歯科衛生士が協力して提供しています。さらに患者さんの病態に合わせ1型糖尿病外来や肥満症外来、インスリンポンプ療法のためのCSII-SAP外来を開設し、iPro2やFreestyleリブレを利用したCGM-FGMを活用して、治療方針の決定を行っています。また、患者さんの利便性と治療の効率化を目的に、内分泌糖尿病センター外来中待ち廊下の両側に診察室、栄養相談室、看護師指導室、外来予約室、処置室、負荷試験検査室、情報提供コーナーを配置して、患者さんからのご相談に糖尿病療養指導チーム全員で対応できるよう工夫しています。
内分泌疾患診療では、副腎疾患診療が当センターのメインテーマとなっており、原発性アルドステロン症・クッシング症候群・褐色細胞腫の症例数が多く、その診療実績は全国で第一位となっています。1994年には現在の原発性アルドステロン症ガイドラインで推奨されている副腎静脈採血(AVS)診断を軸とする診断治療アルゴリズムを完成させ、2006年から従来のAVSより精度の高い診断を可能とする超選択的副腎静脈採血(SS-AVS)を開発し2008年から世界に先駆けて日常診療に取り入れています。そして2010年からSS-AVS診断に基づく低侵襲外科治療である片側副腎部分切除を当院泌尿器科とともに開始し、良好な治療成績を得ています。
脂質異常症診療では、PCSK9阻害剤やMTP阻害剤などの薬物療法に加えて、家族性高コレステロール血症に対するコレステロール吸着療法(神奈川県下でも2~3箇所のみ)による治療を行って狭心症や心筋梗塞などの合併症治療にも対応しています。

当センターで扱う主な臓器と疾患

compare_arrows横スクロールで続きを表示

脳下垂体:

先端巨大症、クッシング病、プロラクチノーマ、尿崩症、下垂体機能低下症、下垂体炎

甲状腺: バセドウ病、橋本病、粘液水腫、甲状腺腫瘍、甲状腺がん
甲状腺:

副甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能低下症、ビタミンD抵抗性くる病、二次性骨粗鬆症

膵臓:

インスリン産生腫瘍、ガストリン産生腫瘍

副腎: クッシング症候群、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫、副腎腫瘍、アジソン病、先天性副腎過形成(酵素欠損症)
糖尿病: 1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病、その他の糖尿病
脂質異常症: 家族性高脂血症
肥満症: 他の病気を合併している重症肥満症
高血圧症: 特にホルモン異常による2次性高血圧症

主な実績

compare_arrows横スクロールで続きを表示

疾患領域外来患者数入院患者数
1740 243
糖尿病 1型糖尿病 138 14
2型糖尿病 1519 221
副腎疾患 818 260
原発性アルドステロン症 599 232
甲状腺疾患 1128 3
バセドウ病 488 3
橋本病 199 0
副甲状腺関連疾患 145 0
性腺関連疾患 6 1
多発性内分泌腫瘍など 13 3
下垂体疾患 203 35

compare_arrows横スクロールで続きを表示

特殊検査・手術実施症例数
副腎静脈採血 /SACI 126
副腎疾患手術依頼 58

外来案内

診察時間

新患/専門外来

副腎(第2・4週)
甲状腺
院外糖尿病

副腎
甲状腺
院外糖尿病

甲状腺
下垂体カルシウム性腺
院外糖尿病

副腎
甲状腺
下垂体カルシウム性腺
院外糖尿病

副腎
甲状腺
下垂体カルシウム性腺
院外糖尿病
脂質肥満

再来/午前

内分泌/糖尿病
(★齋藤 ★鶴谷 中井 櫃割)
甲状腺(廣瀨)(第1・2・3・4週)

内分泌/糖尿病
(★齋藤 洲之内 廣瀨 櫃割 尾崎 土屋)

内分泌/糖尿病
(西川 ★鶴谷(第1・2・3・5週))
副腎疾患 担当医
内分泌代謝疾患担当医
下垂体副甲状腺疾患(★齋藤)
糖尿病(松澤)(第1・2・4週)

内分泌/糖尿病
(菊池、★鶴谷 中井 櫃割(第1・2週) 尾崎(第1・3週) 土屋(第2・4・5週))
甲状腺(★齋藤)

内分泌/糖尿病
(洲之内 廣瀨 山根)
副腎疾患担当医
下垂体疾患(★齋藤)
脂質肥満(★鶴谷)

糖尿病内科・内分泌内科・代謝内科コラム

  • 2018/10/24 UP

    内分泌疾患について

    糖尿病内科・内分泌内科・代謝内科

    add詳細を見る

  • 2018/09/10 UP

    内分泌・糖尿病センター

    糖尿病内科・内分泌内科・代謝内科

    add詳細を見る

add一覧を見る

代表電話へ

予約センターに電話

arrow_upwardPAGE TOP