放射線科放射線治療科・放射線診断科・放射線IVR科

診療概要【放射線診断科・放射線IVR科】

放射線科の紹介

放射線科は、内科、外科などの臨床各科と違い、一般の人には仕事の内容がもっとも知られていない診療科の一つです。この理由として、大きな病院にしかない、患者さんと接触する機会が少ない等が挙げられます。
簡単に、放射線科の仕事を説明します。放射線科は病理部門、麻酔科などとともに病院の中では中央部門(すべての診療科に関わる部門)を構成する重要な科の一つです。診断部門では、皆さんよくご存じの CT、MRI等を用いて形態学的観点から病気の診断を行います。核医学診断ではラジオアイソトープ(放射性同位元素)を用いて機能的観点から病気の診断を行います。最近、放射線科医を志す若い医者も増えており、今後、ますます重要な診療科になるだろうと考えています。

現在CT 3台(年間31000件),MRI 3台(年間11000件),核医学SPECT 2台(年間250件),心臓領域を除き頭部領域を含む全身の血管撮影(年間300件)を各科から依頼を受けて施行しています。
IVR(血管撮影の技術を応用して行う治療)としては副腎支脈静脈採血、大動脈ステントグラフト留置、肝癌の血管塞栓術,静脈ポート留置術、BRTO(胃静脈瘤塞栓術),血管拡張術 (PTAとステント留置),膀胱癌の動注療法,膵炎の動注療法,骨盤外傷の止血術、消化管出血の塞栓術、 CTガイド下生検ドレナージなどが主体です。
なお当院では電子カルテ,院内全体PACS(医用画像ファイリングシステム)が導入されており,コンピュータ上でレポートシステムを活用し画像診断を行っています(フィルムレス)。

中央放射線部との関連

当院の中央放射線部は、診療放射線技師によって構成される技術者集団です。病院によっては放射線科と一体となっています。放射線機器操作の専門家で、放射線照射や写真撮影には欠かせない職種です。それに対し、出来上がった写真を見て診断したりするのが放射線科医の仕事です。

そうです。私たちはお互いに大事なパートナーなのです。

診療内容

  1. 一番重要な仕事は、画像から病気を診断することです。
    当院では、CT、MRI、心臓以外の血管撮影、単純 X 線写真は、放射線科の医師が読影レポートを作製しています。
  2. 画像診断に必要な手技を応用して治療を行うこともあります。
    CTを利用した針生検や、病変部のマーキング。血管内カテーテルも放射線科画像診断医の仕事です。

診療スタッフ

氏名 専門 専門医・認定医等
放射線IVR科部長 松井 青史 診断 日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本IVR学会専門医
放射線IVR科副部長 小池 祐哉 診断 日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本IVR学会専門医
ステントグラフト指導医
放射線診断科医師 小原 大地    
米津 美樹    
KISS BORBALA    
丹内 啓充    
放射線治療科副部長 松井 とにか 治療 日本医学放射線学会放射線治療専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
非常勤医師 海津 久 治療 日本医学放射線学会放射線治療専門医
杉山正人 治療 日本医学放射線学会放射線治療専門医
伊藤 英子 治療 日本医学放射線学会放射線治療専門医

【放射線治療科 診療の特徴】

【放射線治療科 対応疾患・治療実績】

原発巣別治療患者数

平成26年度 平成27年度 平成28年度
脳・脊髄腫瘍 2 1 1
頭頸部腫瘍(甲状腺腫瘍含む) 36 19 10
食道癌 11 13 12
肺癌・気管・縦隔腫瘍 46 34 34
乳癌 121 119 148
肝・胆・膵癌 5 5 1
胃・小腸・結腸・直腸癌 20 14 14
婦人科腫瘍 3 3 11
泌尿器系腫瘍 59 86 102
造血器リンパ系腫瘍 23 11 14
皮膚・骨・軟部腫瘍 4 2 2
その他(悪性腫瘍) 3 3 2
良性疾患 8 0 1
年間合計 341 310 352
うち院内 312 268 291
院外 29 42 61

上記のうち、高精度放射線治療患者数

平成26年度 平成27年度 平成28年度
強度変調放射線治療(IMRT)  前立腺 24 44 53
その他 0 0 3
体幹部定位放射線治療(SBRT) 4 5 6

外来診療日【放射線治療科】

受付時間 8:15〜11:00(予約の方は、予約時間に合わせて受付いたします)
他医療機関におかかりの患者さんで当院での放射線治療を御希望の場合は、紹介状をお持ちの場合も必ず事前予約してから受診して下さい。予約は当院予約センターにてお電話で承っております

※「予約」は事前予約または紹介状が必要です。
※初めて受診される方は、初診診療状況一覧表をご覧ください。

なお、当科には入院病床がありませんので、他医療機関から直接ご紹介いただく場合は通院での治療が可能であることが必要です(治療時間や回数はご相談下さい)。 入院下での放射線治療が必要な場合は、まずは当院当該科にご相談下さい。

※(放射線治療科 ☆印:副部長 ◇印:女性医師)
※手術・緊急呼び出し等により予告なく担当医に変更のある場合があります。ご了承ください。

ページの先頭へ