腫瘍内科・緩和支持治療科

診療概要

がんがわが国の死因の第1位となり、日本人の2人に1人が生涯のうちにがんにかかると言われています。抗がん剤や分子標的治療薬などの薬によるがん治療を受ける方は増加の一途です。また最近のめざましい医薬開発により、使用される薬の種類も年々増えており、治療の可能性が広がる一方で治療内容や副作用が複雑化する傾向にあり、これら薬物治療を専門的に行う医師の必要性が高まっています。 患者さんの病状を正確に判断して科学的な根拠にもとづいた薬物治療を選択することだけでなく、治療による様々な副作用を適切に予防・治療する必要があるからです。抗がん治療に加え、痛みなどの苦痛を軽減する緩和医療へのニーズも年々高まっています。

腫瘍内科ではがん薬物療法の専門的な知識や経験を持つ医師が診療にあたっており、個々の患者さんの病状やご希望に十分配慮し、最適な治療を提供できるように努めています。さらに院内の他科と定期的にカンファレンスを行って、診療科横断的な診療体制の充実をはかり他職種と協力して、より質の高い診療を病院の総意としてめざしています。また抗がん治療のみならず、痛みなどのつらい症状を和らげるために行う、緩和治療もがん患者さんにとって重要な治療です。当科では抗がん治療と併行して副作用対策や基本的な緩和治療を行っています。

診療内容

腫瘍内科が診療している主な疾患は乳がん、胃がんや大腸がん、食道がんなどの消化器がん、がんの診断はされているものの原発臓器がわからない原発不明がんなどです。その他に膵臓がんや胆道がん、まれな腫瘍である肉腫の診療を担当する場合もあります。このような病気の方に、抗がん剤などの薬物治療や放射線治療など、病気の状況によって最も適切な治療を選択して提案し、治療を行っています。

診療スタッフ

氏名 専門 専門医・認定医等
腫瘍内科部長 有岡 仁 内科学
臨床腫瘍学
緩和医療
日本内科学会認定総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
緩和支持治療科 廣川 智    
腫瘍内科医師 竹井 紗織 内科学
臨床腫瘍学
緩和医療
日本内科学会認定内科医
柳原 武史 内科学
臨床腫瘍学
緩和医療
日本内科学会認定内科医
湯川 裕子 内科学
臨床腫瘍学
緩和医療
日本内科学会認定内科医

外来診療日

受付時間 8:15~11:00(予約の方は、予約時間に合わせて受付いたします)
※「予約」は事前予約または紹介状が必要です。
※初めて受診される方は、初診診療状況一覧表をご覧ください。

(注) ★印:部長 
※緊急呼び出し等により予告なく担当医に変更のある場合があります。ご了承ください。

診療実績(2015年の新規患者数)

疾患 患者数
乳がん 24
食道がん 6
胃がん 15
大腸がん 32
膵がん,胆道がん 9
腎臓がん 2
前立腺がん 7
肺がん 2
神経内分泌腫瘍 3
その他(軟部肉腫、甲状腺がん、胚細胞腫瘍、原発性腹膜がん、悪性黒色腫、原発不明がんなど)  

主な検査、医療機器

在宅での点滴が必要な抗がん剤治療や、腕の血管からの点滴が困難な方に、埋め込みカテーテルの留置手術を受けていただくことがあります。

その他

院内の在宅支援センターの専任看護師と定期的に情報交換の場をもち、訪問診療や訪問看護などの社会的支援が必要な患者さんとそのご家族に対するサポート体制を整え、個々の患者さんのご希望に沿った療養環境の構築に努めています。
新たな治療法を開発するために行われている全国規模の臨床試験に積極的に参加し、将来のがん治療の進歩に貢献しています。
院外で治療を受けておられる方のセカンドオピニオンも随時お受けしています。

ページの先頭へ