診療科目

トップページ > 診療科目 > 専門診療科 > 乳腺外科

乳腺外科

how_to_reg完全紹介予約制

医師紹介

 
  • 包括的乳腺先進医療センター長
    乳腺外科部長
  • 千島 隆司(ちしま たかし)
  • ● 卒業年次:
    平成3年 博士(医学)
  • ● 専門分野:

    乳腺疾患一般、乳がん検診

  • ● 学会専門医・認定医:

    横浜市立大学大学院 客員准教授
    横浜市立大学医学部 非常勤講師
    【学会評議員等】
    日本乳癌学会評議員、日本乳癌検診学会評議員、日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会評議員、
    米国癌学会(AACR)Active Member、米国臨床腫瘍学会(ASCO)Active Member
    【学会専門医・認定医】
    日本乳癌学会乳腺専門医・指導医、日本外科学会外科専門医・指導医、日本消化器外科学会認定登録医・日本消化器外科学会指導医、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本オンコプラスティックサージャリー学会乳房再建責任登録医、日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医(講習会講師)

 
  • 副部長
  • 竹内 英樹(たけうち ひでき)
  • ● 卒業年次:
    平成11年 博士(医学)
  • ● 専門分野:

    乳腺疾患一般、乳がん検診

  • ● 学会専門医・認定医:

    日本乳癌学会指導医、日本乳癌学会乳腺専門医、日本外科学会指導医、日本外科学会外科専門医、日本乳がん検診精度管理中央委員会検診、マンモグラフィ読影認定医

compare_arrows横スクロールで続きを表示

役職氏名卒業年次専門専門医・認定医等
医師 門倉 俊明 平成18年 乳腺疾患一般
乳がん検診

日本外科学会外科専門医
日本乳癌学会認定医
日本乳がん検診精度管理中央委員会検診マンモグラフィ読影認定医

医師 木村 安希 平成25年 乳腺疾患一般
乳がん検診

日本乳がん検診精度管理中央委員会検診マンモグラフィ読影認定医

医師
(非常勤)
原田 郁 平成20年 乳腺疾患一般
乳がん検診
日本外科学会外科専門医
日本乳癌学会認定医
日本乳がん検診精度管理中央委員会検診マンモグラフィ読影認定医

診療科紹介

 現在、日本における乳がんの罹患者数は年間9 万人と言われています。特に、乳がんは40 歳後半から50 歳代で罹患率が高く、職場でも家庭でも中心的な役割を担う世代で発症するのが特徴です。その一方で、85%の乳がん患者さんは病気を克服して「もとの人生」へ戻ることができるようになりました。これからの乳がん診療は、治療だけではなく「がんが治った後の生活」も考えた患者支援が必要となってきます。横浜労災病院では「がん看護専門看護師によるがん看護外来」、「がん化学療法認定薬剤師による服薬・副作用支援外来」、「リンパ浮腫療法士によるリンパ浮腫外来」、「専門相談員によるがん治療と就労の両立支援相談室」、「乳がん体験者(ピアサポート)相談室」などを設置して、患者さんが安心して乳がん治療を受けられるような環境作りに取り組んできました。さらに2017 年4 月からは、「患者中心の医療」を実践するための包括的乳腺先進医療センターの運用を開始しました。本センターは、横浜市が推し進める「総合的ながん対策推進事業」の一つに位置づけられており、横浜市が指定する4 ヶ所の「横浜市乳がん連携病院」に認定されています。名称の由来とて、“ 包括的” という言葉には「医師による治療だけではなく、看護師・薬剤師をはじめとしたメディカルスタッフによる支援の充実」、“ 先進” という言葉には「最先端の治療だけではなく、他の地域にはない一歩進んだ患者支援の実践」、“ 医療” という言葉には「治療を受ける“ ひと” に寄り添った患者目線での診療」という想いが込められています。
現在、包括的乳腺先進医療センターは、

  1. 乳房再建などを中心に患者QOL を重視した診療の実践
  2. 国内外の臨床試験や新薬治験などの臨床研究の推進
  3. 就労問題・遺伝相談・がんの生殖医療・アピアランス相談・メンタルヘルスなど患者支援の充実
  4. 乳がん診療に携わる全国の医療スタッフを対象としたチーム医療教育の推進
  5. 病診連携の充実と高齢・併存疾患を持つ患者さんに対する地域包括ケアの構築

を5本柱に据えて日々の診療に取り組んでいます。

診療の特徴・特色

 包括的乳腺先進医療センターでは、乳がんなどの悪性疾患だけではなく、乳腺炎や乳腺症など乳腺疾患全般の診断と治療を行っています。本センターにおける乳がん診療の特徴は、乳腺専門医(乳腺外科)、がん薬物療法専門医(腫瘍内科)、放射線治療専門医(放射線治療科)、形成外科専門医(形成外科)が連携して「集学的(専門家集団による)治療」が行なわれていることです。手術治療では乳房再建術にも力を入れており、人工乳房(シリコンインプラント)再建だけではなく、顕微鏡下血管吻合を駆使した自家組織(腹部脂肪皮 弁)再建も積極的に行なっています。
 また、第1・3・5火曜日にはBreastCancerBoardを開催しています。治療に難渋する進行再発乳がん症例に対しては、医師、看護師、薬剤師、作業療法士、臨床心理士、医療ソーシャルワーカーなど、多職種の視点で包括的な患者支援を計画していきます。

対象疾患

  • 悪性疾患:乳がん(男性乳がんも含む)、間質肉腫、血管肉腫などの乳腺悪性腫瘍
  • 良性疾患:線維腺腫、葉状腫瘍などの乳腺良性腫瘍、乳腺炎、乳輪下膿瘍、乳腺症、乳頭異常分泌、ホルモン異常による乳房痛、女性化乳房症、腋窩リンパ節腫大
  • 一次・二次乳がん検診(精密検査):腫瘤病変、石灰化病変に対する吸引組織診断

施設認定

  • 日本乳癌学会認定施設
  • 日本外科学会外科専門医制度修練施設
  • 日本形成外科学会認定・教育施設
  • 乳房再建用エキスパンダー実施施設
  • 乳房再建用インプラント実施施設
  • 日本乳がん検診精度管理中央機構マンモグラフィ検診施設画像認定施設

主な実績

 2018 年の手術件数は、悪性腫瘍の根治手術が243 件、良性腫瘍やリンパ節生検などが52 件、一次乳房再建術が47 件(別途にシリコンインプラント入れ替え55 件)、二次乳房再建が3 件、画像ガイド下組織生検術が105 件でした。

手術実績

compare_arrows横スクロールで続きを表示

平成24年平成25年平成26年平成27年平成28年平成29年平成30年
悪性腫瘍根治手術(乳がん等) 84 187 217 223 255 247 243
良性腫瘍やリンパ節生検等 41 54 57 81 74 68 52
一次乳房再建術(自家組織) 1 11 6 12 6 9 2
一次乳房再建術(エキスパンダー) 0 9 19 40 57 61 45
二次乳房再建術(エキスパンダー) 0 0 2 2 1 4 3
シリコンインプラント入替術 0 0 10 18 45 57 55
画像ガイド下組織生検術 54 90 78 113 90 127 105
180 351 389 489 528 573 505
乳房悪性腫瘍根治手術件数


活動実績

横浜市医療啓発サイト『メディカルノート』に当院乳腺外科部長 千島隆司医師の記事が掲載されました。
診療科ページ_千島先生.jpg
image1.png
image2.jpg

外来案内

診察時間

午前
◇印:女性医師

★千島 門倉

★千島 ☆竹内 門倉 ◇木村

☆竹内 門倉

門倉

◇木村

午後
◇印:女性医師

★千島 ☆竹内 門倉 ◇木村

★千島 ☆竹内 門倉 ◇木村

◇木村

(注)★印 : 部長 ☆印 : 副部長 ◇印:女性医師
★部長新患:月曜日・火曜日
◇女性新患:金曜日(火曜日:事前電話予約のみ)
※登録医枠:火曜日(1 名)・水曜日(1 名)
悪性腫瘍の診断がついている症例、発熱・疼痛を伴う乳腺炎など、急を要する症例、治療・診断に関するセカンドオピニオンについては、お電話を頂けば随時対応いたします。

代表電話へ

予約センターに電話

arrow_upwardPAGE TOP