• 横浜ろうさい病院 看護部サイト

    • zoom_out_map文字サイズ
    • -標準
    • +拡大

看護師からのメッセージ

先輩看護師へインタビュー

 

先輩看護師
にしやまさん


  • 横浜労災病院に就職して良かったと思うことはなんですか?
    スタッフの人間関係もよく、育児をしながら仕事を続けることに理解があり、とても働きやすいです。
    どのような看護師を目指していますか?
    仕事も育児も充実させ、後輩育成にも力を入れていきたいです。また、後輩の良いモデルとなれるよう楽しく仕事が出来るよう心がけています。
    仕事と育児の両立はどうですか?
    大変なこともありますが、家族の協力と子育て中のスタッフへの支援体制が整っているので、とても働きやすいです。仕事も続けることができ育児も楽しく、とても充実した生活を送れています。

vertical_align_topページ上部へ

先輩看護師
いたくらさん


  • 横浜労災病院に就職して良かったと思うことはなんですか?
    私は、循環器内科・心臓血管外科病棟に所属しています。入退院を繰り返す患者さんが多いのですが、疾患とともに生きている患者さんと関わり、その方の生活にプラスな影響を与えられた時、看護師としてのやりがいを感じ入職してよかったと思います。
    看護をする上で大切にしていることは何ですか?
    相手の立場になって考えることです。患者さんの立場になること・チームスタッフの立場になることは、人間関係の構築、ひいてはより良いケアにつながると信じています。
    どのような看護師を目指していますか?
    患者さんに寄り添える看護師です。嬉しい体験も悲しい体験も共有することで、患者さんにとって最適なケアを見出していけるようになりたいです。そのためには高い知識と技術が必要なので、研鑽を積んでいきたいです。

vertical_align_topページ上部へ

先輩看護師
えのもとさん


  • 横浜労災病院に就職して良かったと思うことはなんですか?
    急性期から終末期まで多くの患者さんがいるため、知識や技術の向上だけでなく、日々の患者さんとの関わりから自己の看護観を深めることができることです。また、尊敬する先輩や励まし合える同期ができたため、辛い時も明るく前向きな気持ちで乗り越えることができることです。
    教育体制はどうですか?
    個々のレベルに合わせた教育支援や研修があるためスキルアップできる環境が整っています。新人の頃は不安ばかりでしたが信頼できる先輩がサポートをしてくれたため安心して基礎看護を学ぶことができました。今は指導者として後輩と一緒に悩み、考えることで、共に成長できたと感じる時はとても嬉しく思います。
    看護をする上で大切にしていることは何ですか?
    患者さんの気持ちに寄り添うことです。患者さんは身体面だけでなく精神的苦痛も大きいため、少しでも悩みや不安が軽減できるよう傾聴する姿勢を常に持ち、日々のコミュニケーションを大切にしています。

vertical_align_topページ上部へ

先輩看護師
さとうさん


  • 横浜労災病院に就職して良かったと思うことはなんですか?
    救急領域で働く看護師を目指し、実習先であった当院を選びました。第一希望だったICUに勤務しています。実際に働いてみると、色々な病気について学ばなくてはならないため、大変なこともたくさんありました。でも、部署内での勉強会や研修に参加させてもらえ、少しづつできることが増えていったことがうれしかったです。
    看護をする上で大切にしていることは何ですか?
    挿管され言葉を話せない患者さんも多いため、言葉だけでなく身体のわずかな変化や表情から、患者さんの思いを読み取るよう努めています。患者さんに寄り添い、多くの経験を積みながら学びを深めていくことが大切だと思います。
    どのような看護師を目指していますか?
    現在は集中治療領域以外にも、災害医療についても学んでいます。YMATやDMAT-Lなどの資格取得を目指して研修にも参加しています。どのようの状況でも、色々な疾患や症状の変化に対応できるような看護師を目指しています。


vertical_align_topページ上部へ

代表電話へ

予約センターに電話

arrow_upwardPAGE TOP