病院コラム

トップページ > 病院コラム > その他検査等について 不整脈関連遺伝子検査

その他検査等について 不整脈関連遺伝子検査

循環器内科

不整脈関連遺伝子

《遺伝子とは》

「遺伝」という言葉は,「親の体質が子に伝わること」を言います。ここでいう「体質」の中には,顔かたち,体つきのほか,性格や病気に罹りやすいことなども含まれます。ある人の体の状態は,遺伝とともに,生まれ育った環境によって決まってしまいますが,遺伝は基本的な部分で人の体や性格の形成に重要な役割を果たしています。「遺伝」という言葉に「子」という字が付き「遺伝子」となりますと,「遺伝を決定する小単位」という科学的な言葉になります。人間の場合,10万個以上の遺伝子が働いていますが,その本体は「DNA」という物質です。「DNA」は,A,T,G,Cという四つの印(塩基)の連続した鎖です。印は,一つの細胞の中で約30億個あり,その印がいくつかつながって遺伝子を司っています。このつながりが遺伝子です。  遺伝子には二つの重要な働きがあります。一つは,遺伝子が精密な「人体の設計図」であるという点です。受精した一つの細胞は,分裂を繰り返してふえ,一個一個の細胞が,「これは目の細胞」,「これは腸の細胞」と決まりながら,最終的には60兆個まで増えて人体を形作りますが,その設計図はすべて遺伝子に含まれています。第2の重要な役割は「種の保存」です。両親から子供が生まれるのもやはり遺伝子の働きです。人類の先祖ができてから現在まで「人間」という種が保存されてきたのは,遺伝子の働きによっています。

《遺伝子と病気》

こうした非常に大事な役割を持つ遺伝子の違いはさまざまな病気の原因になります。完成された人体を形作る細胞で遺伝子の違いが起きると,違いのある細胞を中心にその人限りの病気が発生することがあります。これを体細胞変異といい,がんがその代表的な病気です。一方,ある遺伝子に生まれつき違いがある場合には,その違いが子,孫へと伝わってしまいます。この場合,遺伝する病気が出てくる可能性が生じます。

《遺伝病における原因遺伝子解析研究の特徴》

遺伝子には,「人体の設計図」,「種の保存」という二つの重要な役割があることをすでに述べました。ある病気の原因となる遺伝子に生まれつきの違いが生じている場合には,この二つの役割に応じた遺伝子解析研究の有用性が考えられます。まず,原因となる遺伝子の生まれつきの違いを持つ人では,将来かかる病気を予測することが可能となり,その情報をもとに,病気を予防したり,早期発見をしたりすることができます。また,患者さんの血縁者の中から患者さんを見つけだし,予防につとめ,また早期発見,早期治療により病気を治すことが可能となります。

《不整脈と遺伝子解析》

最近,ある遺伝子に変化があると,QT延長症候群・特発性心室細動やブルガダ症候群という病気にかかりやすいことがわかってきました。また,心房細動になりやすい人の遺伝子型も少しずつわかってきています。患者さんの遺伝子を調べ,病気を引き起こす違いが見つかれば,治療に生かすこともできます。遺伝子の検査は血液検査採取だけですので,大きな危険は伴いません。

登録日:2018年08月24日

代表電話へ

予約センターに電話

arrow_upwardPAGE TOP