病院コラム

トップページ > 病院コラム > 横浜労災病院 膵臓がん早期診断プロジェクトのご案内

横浜労災病院 膵臓がん早期診断プロジェクトのご案内

消化器内科

横浜労災病院消化器内科では、胆膵疾患の早期診断、内視鏡治療を積極的に行っています。特に、膵臓がんの早期診断と治療を最大の目標の一つとして日々診療を行っており、膵臓がんの拾い上げおよび病理診断の主たる検査法である超音波内視鏡(以下 EUS)や内視鏡的逆行性膵胆管造影(以下ERCP)において、2018年度ではいずれも年間約700件と都内県内トップクラスの症例数を扱っております。

2018年9月に国立がん研究センターから発表された、2011年がん診療連携拠点病院等院内がん登録データを用いた3年生存率において、膵臓がんは全体で15.1%と最も低く、予後は非常に厳しいことが報告されております。膵臓がんの治療成績が上がっていない最大の原因は早期発見の難しさです。2007年に日本膵臓学会から報告されたStage0の5年生存率は85.8%であり、早い段階での診断が予後の改善の最大の鍵でありますが、膵臓がんは発症早期においては無症状であること、膵臓が後腹膜に位置し、周囲臓器や脈管へ浸潤しやすいことなどが要因となり、Stage0の患者は全体の1.7%と早期診断は容易ではありません。

そこで、当科では新たに「膵臓がん早期診断プロジェクト」を発足致しました。このプロジェクトは地域の先生方との病診連携を通して、膵臓がんを疑うサインが発見された場合に、直ちに精密検査を行って適切な診断を行うものです。

膵臓がん発症リスクと考えられる項目

・症状 
  原因のはっきりしない腹痛、背部痛、食欲不振、
  早期飽満感(食事中すぐにお腹がいっぱいになって食べられない)、黄疸、体重減少

・糖尿病 
  特に診断から3年以内の方、急な増悪を認める方

・血液検査 
  膵酵素異常(アミラーゼ、リパーゼ)
  膵腫瘍マーカー異常(CA19-9、CEA、Dupan-Ⅱ、Span-Ⅰ、エラスターゼⅠ)

・画像検査
  膵のう胞、膵管拡張(3mm以上)、膵腫瘍、膵石灰化、胆管拡張

・患者背景
  膵臓がんの家族歴、慢性膵炎、原因不明の急性膵炎、肥満(昔肥満であった方を含む) 
  飲酒、喫煙

具体的には、上記に示すような膵臓がん発症のリスクファクターを有する患者さんを積極的にご紹介頂き、MRIおよびEUSでの精密検査を行っていきます。特に、早期膵臓がんの発見に必須であるEUS検査は、内視鏡医の技量によるところが大きいことがネックとされていますが、当科では年間700件を超える症例数を扱っており、私達が皆様のお役に立てる分野であると自負しております。治療の必要がある病変が発見された場合は引き続き、消化器内科、外科、腫瘍科を中心とした集学的治療を行ってまいります。

MRCPで膵管異常などの間接所見を拾い上げ、EUSで腫瘍を直接同定、EUS-FNA(超音波内視鏡下吸引針生検)によって病理診断を行っていきます。

また、このプロジェクトの最大の特徴は、地域の先生方との連携して経過観察を行っていくことです。当科において膵臓がん発症リスクを評価し、リスクに応じた検査スケジュールを提案させて頂きます。先生方と我々で共同して検査スケジュールを管理しながら経過観察を行うことで、膵臓がんを疑うサインを早期に拾い上げることを目的としています。
今後とも地域の先生方のお力をお借りしつつ、地域市民の膵臓がんの早期発見に役立て、治療成績の向上に繋げて参りたいと考えております。上記の様な膵臓がん発症リスクを有する患者さんがいらっしゃいましたら、是非当科までご紹介頂ければ幸いです。
ご不明な点や緊急を要する方の場合には直接お電話での問い合わせでも構いません。よろしくお願いいたします。

担当責任者 消化器内科 関野 雄典
内視鏡部 部長 川名 憲一
消化器内科 部長 永瀬 肇 

add当科の胆膵疾患診療の現況について 

膵臓がん早期診断プロジェクトは毎日10:00の紹介予約で対応しています。

add登録医療機関からのご紹介の場合

地域医療連携室で承ります。登録医専用予約枠を用意しておりますので、ぜひ利用ください。
登録医専用予約電話:045-474-8362(平日8:15~19:00)
登録医専用FAX:045-474-8344 
(予約申込票を当院HP https://www.yokohamah.johas.go.jp/community_medicine/introduce/ より印刷、使用してください。)

add登録医療機関以外からのご紹介の場合

登録医療機関以外からのご予約については、下記予約センターにてお受けしております。

電話:045-474-8882(平日8:15~17:00)
FAX:045-474-8523(医療機関からのみ)

add緊急で受診が必要なご紹介の場合

当科医師に直接ご相談いただく場合
電話:045-474-8111(平日8:15~17:00)に電話をし、交換手に「救急患者紹介のため、消化器内科の本日の担当医に電話をつないで欲しい」とお話しください。

地域医療連携室経由の場合
電話:045-474-8345(平日8:15~17:00)に電話をし、消化器内科の早急な受診についてご相談ください。

※ いずれの場合も、円滑な追加精査のために、「横浜労災病院 膵臓がん早期診断プロジェクト 紹介状資料」をご持参頂く様、お願いいたします。貴院紹介状と併用される場合は、併存疾患や常用薬など重複する項目は「別紙参照」など省略していただいて構いません。

登録日:2019年03月27日