MENU

重要なお知らせ

お知らせ 面会禁止のお知らせ
  • トップ
  • お知らせ
  • メール相談から学ぶコロナ感染拡大時におけるメンタルヘルス(第26回) 2021年12月28日
医療コラム

メール相談から学ぶコロナ感染拡大時におけるメンタルヘルス(第26回) 2021年12月28日

勤労者メンタルヘルスセンター長  山本晴義

事例㉖ 在宅勤務に慣れすぎて通勤に耐えられない。

(相談者 男性 60代 管理職)

 

【相談メール】

コロナが少しずつ落ち着いてきて、在宅勤務ではなく出社をする回数が増えてきました。まだ数回ですが、通勤で電車に乗るのがこんなに大変だったのかという思いです。これが完全に元の出勤形態に戻ったらと思うと、体力的にも精神的にも耐えられる自信がありません。

 

【回答メール】

慣れ親しんだ日常からの変化は、どんなことでもストレスになり得ます。

 

以前の出勤形態から在宅勤務に変化した時も、それなりにストレスを感じていたことでしょう。

 

慣れてきた頃にまた変化が起こるわけですから、ストレスを感じるのは自然なこと。そうした変化についていけず、心身に不調をきたす人は少なくありません。

 

ただ、あなたはこれまで、そんな変化に適応してきました。出勤を続けるうちにまたその環境に慣れる力を持っているのです。

 

60代は現代社会ではまだまだ若い部類ですが、体力の低下など年相応の老化現象は見られます。しかも一旦落ちた体力は、昔ほど簡単には回復しません。

 

年齢を重ねると体力は落ちますが、人間としての深みは増し、内面は成熟していきます。たとえ体力が衰えても、今まで培ってきた経験は、若い人にはないあなたの魅力です。

 

そんなあなたなら、もし体力的な理由で毎日の出勤が難しくなっても、会社の方から「リモートで仕事を続けてほしい」と言われることでしょう。

 

無理して若々しくいようとしたり、老いを感じて落ち込むことはありません。今の自分に合った生活を心がけてください。

 

【対応のポイント】

コロナ禍の環境変化は大きなストレスですが、元の生活に戻ろうとする動きも「変化」であり、紛れもないストレス要因です。適応していくことがある程度求められるのは事実ですが、今の自分を受け入れ、今の自分に合わせた考え方をすることが大切です。

  •  

    • ※実際に送られてきた相談メールを参考に、相談者のプライバシーを考慮して作成しています。

      

  • 勤労者こころのメール相談(mental-tel@yokohamah.johas.go.jp

  •  
  • 勤労者メンタルヘルスセンター山本晴義センター長(心療内科医)が自らお答えするメール相談です。年中無休の24時間、無料でお受けしており、原則24時間以内にご返信いたします。

 

■各記事
・新型コロナウイルスでうつ病に?病院に行くべき症状は?
https://fdoc.jp/byouki-scope/features/covd-19_depression/
・新型コロナウイルスで強迫性障害に?消毒などのしすぎは要注意
https://fdoc.jp/byouki-scope/features/covd-19_obsessive-compulsive-disorder/