横浜労災病院
初期臨床研修

首都圏近郊、若者の多いベッドタウンで
急性期医療を通じて全人的医療を身に付けよう!

一生の友人と出会える環境で最高の2年間を過ごしませんか?

横浜労災病院は地域に根差した高度医療を提供しています。
私たちと共に診療の基本と患者への対応を通じて研修医としての心構えと思いを経験してほしいと願っております。

病院長 三上 容司

当院について
当院の研修について

当院での初期臨床研修は、開院以来総合ローテート方式をとってきました。2020年度からの制度改変に伴って、内科、外科、小児科、産婦人科、救急科、精神科、地域医療及び一般外来研修が必修となりましたが、必修科目以外の期間は希望に応じた診療科をローテートすることができます。

ローテートスケジュールは研修医同士の話し合いで決めているので、どの科をいつ回るか希望が通りやすいシステムになっています。

1年次、2年次1ヶ月ずつの救命救急センターローテートに加え、週に1回程度の当直・休日日直を2年間通して行います。軽傷から重症までの多数の患者の診療を行うことにより、プライマリ・ケアの実力をつけることができます。

  • 研修の様子

    FEATURE01

    全診療科を希望に応じて
    ローテートできる

  • 研修の様子

    FEATURE02

    どの科をいつ回るか
    希望が通りやすい
    (研修途中の変更も可能)

  • 研修の様子

    FEATURE03

    軽傷から重症まで様々な
    診療を行い、プライマリ・ケア
    の実力をつけられる

MESSAGE

研修医メッセージ

研修医メッセージ
研修医メッセージ

全国から集まる志高い仲間と共に、
あなたもヨコハマで一緒に学ぼう!

次世代の医師を育成する