採用情報

トップページ > 採用情報 > 初期臨床研修

初期臨床研修

 

初期臨床研修プログラムについて

program.png

 当院での初期臨床研修は、開院以来総合ローテート方式をとってきました。2020年度からの制度改変に伴って、内科、外科、小児科、産婦人科、救急科、精神科、地域医療及び一般外来研修が必修となりましたが、今までとかわることなく必修科目以外の期間は必修科目、非必修科目を問わず、全診療科を希望に応じてローテートすることができます。ローテートスケジュールは研修医同士の話し合いで決めているので、どの科をいつ回るか希望が通りやすいシステムになっています。
 1年次、2年次1ヶ月ずつの救命救急センターローテートに加え、週に1回程度の当直・休日日直を2年間通して行います。軽症から重症まで多数の患者の診療を行うことにより、プライマリケアの実力をつけることができます。

vertical_align_topページ上部へ

各診療科のプログラム

vertical_align_topページ上部へ

医学生の皆様へ(メッセージ)

院長から一言

院長 梅村 敏

ここ横浜労災病院は、地域に根ざした高度医療を提供しています。医師のみならず多くの職種が手に手を取り、患者さんのトータルケアーを目指しています。その特徴は専門性の高い診療を提供しつつも、他院には無い各科の共同作業による総合力を発揮する病院です。
さて、研修医が望む研修病院の理想像は何でしょうか?
おそらくは、診療にあたっての問診やヴァイタルチェックをはじめとする基本的診察能力の獲得と診断の為の必要不可欠な各種検査方法やその手技を系統だって指導され学ぶ事が出来る施設がおそらくは望まれる姿であろうと想像いたします。
救急医としてのプライマリーケアー処置を学びたいとの研修医の希望に納得しますが果たしてそれが初期研修目標でしょうか?医師としての心構えと発想や感性を培うべきで、実学としての実技に溺れると基本的な心構えが見失われ易いと思います。すばらしい各人の個性と特性と実力を当院の指導が邪魔する事無く、日本のみならず世界に通用する医師としての心構えを身につけてほしいと思う次第です。臨床の場で、いつか独立して自分で孤独にその瞬間を判断しつつ、責任を負う事となる時代が来る覚悟をこの病院で身につけて欲しいと思います。当院は、多くの職種を越えて討論する技量と、コミュニュケーション術を育てる病院であると自負しております。
医師になる覚悟と努力を実践できる我が横浜労災病院で初期研修を経験する楽しさを共有しようではありませんか。病院勤務、学者、町医者、大学教員?どの姿を将来に浮かべますか?その前に我々と共に診療の基本と患者への対応を通じて研修医としての心構えと思いを経験してほしいと願っております。

当院の特徴は、

  1. “勤労者医療”、“癌対策”、“脳卒中急性期医療”、“心血管系疾患(心筋梗塞等)”、“糖尿病(生活習慣病)対策”、“救急医療”、“小児医療”、“周産期医療”、“老年病対策”を中心に整備しています。
  2. 地域中核施設として、24時間、365日いつでも安心してかかれる救急診療の充実を行っています。
  3. 地域の開業医や病院、大学と共に連携を強め患者中心の医療の展開を行っています。
  4. 高水準な医療を提供できる環境を整備しています。
  5. 医師のみならず多くの職種にて人材育成と、最先端な高度医療をめざす研究機能の強化を行い、医療の現場に有能かつ心ある医療人を輩出しております。

横浜労災病院は横浜市北東部医療圏の地域中核施設として約25年前に開設された、市内でも有数な病院として発展してきました。母体は労働者健康安全機構で全国に34の労災病院を有し、そして最も新しく設立されたのが当院でもあります。その設立趣旨としては、労災病院群の中でもリーディングホスピタルとして、さらには地域中核施設として名に恥じない医療体制を整備する事が望まれてきました。
上記内容を中心として、患者さんの満足度を高め、安心していただける医療を実践しております。居心地よい快適空間も常に整備しておりますので、患者さんばかりかそれを支えるご家族のみなさんにも満足行く医療内容を提供できるものと信じております。

先輩から一言

初期研修医 2年次 祖父江 瑶子

  • 横浜労災病院での研修が始まってから1年半ほど経ちました。いまだに自らの不甲斐なさを感じることも多々ありますが、日々新たな学びを得て、大変充実した研修生活を送っています。
    当院における研修の魅力のひとつは、経験豊富な上級医やスタッフの方から手厚いご指導を受けられることです。特に救急外来では、重症度の如何にかかわらず基本的に研修医がファーストタッチを行い、2年間を通して数多くの症例を経験します。たくさんの問題を抱えた患者さんを目の前にして、頭が真っ白になることも多い中、上級医は、まず自分で考える姿勢を尊重してくださり、かつ忙しい業務の合間を縫って丁寧なフィードバックをくださります。病棟でも、2年目には上級医の指導のもとである程度の方針決定を任せていただく機会も増え、より一層の責任を感じつつも、学びをさらに深めることができています。この文章を書くにあたり入職当時を思い返してみると、少しずつ、しかし着実に成長していると実感します。上級医やスタッフの方々はどなたも温かく、どんなに些細なことにも親身になって答えてくださるので、日常の診療についてはもちろんのこと、進路などについても様々なアドバイスを頂戴でき、今後のキャリアプランを考えるという面からも、非常に過ごしやすい研修環境であると思います。
    また、高い向上心を持った研修医の存在も当院の魅力だと考えています。2学年合わせて40名弱の研修医が在籍しており、全国各地から高い志を持った仲間が集まりますが、先輩や同期、後輩から学ぶことは大変多く、疑問に思ったことを教えあったり、新たに得た知識を共有したりと、互いに切磋琢磨しながら研鑽を積んでいます。自由度の高いローテートも相俟って、みな主体性をもって臨んでおり、その中で研修することで大きな刺激をもらっています。
    各種講習会や研修医が主体の勉強会なども盛んに行われ、学びの機会は十分に用意されています。勉強会で得た知識を、救急外来や病棟で患者さんを診察する際に当てはめ、そこで生じた疑問を勉強会で解消するというように、勉強会をはじめとするインプットの機会と、症例を経験するアウトプットの機会のバランスがとれており、相乗効果でスキルアップを図ることが可能な病院だと思います。
    ここまで長々と紹介してきましたが、文章では伝えきれない当院の魅力や雰囲気を、ぜひ実際に感じていただきたいと考えています。当院での研修に少しでも興味を持たれた方は、見学にお越しください。心よりお待ちしております。

初期研修医 1年次 北堀 弘大

  • 初期研修医1年の北堀弘大と申します。
    私が半年間初期研修をして感じた横浜労災病院の良いところをいくつか紹介させて頂きたいと思います。
    一つ目は、救急科での研修において、初期研修医が1st touchを受け持つことが出来る点です。問診・身体診察をして自分なりの意見を上級医の先生方に伝え、足りないところや間違っているところがあれば指摘して頂く、という形で救急外来での診療は進んでいきます。時間的な制約がある救急外来という場において、鑑別を考え意見をまとめるというのは非常に難しく、私自身も毎回頭がパンクしそうになりながら診療にあたっています。しかしながら、実際の症例を元に学ぶことは、座学で得た知識の何倍も記憶に残ることを最近では実感しています。救急科の先生方からの丁寧なフィードバックを頂きながら、少しずつ経験値を積み重ねることが、将来、自分で判断し責任を負わなければいけない場面を乗り越えるための土台となるのではないかと思います。
    二つ目は、優秀な同期に囲まれていることです。お互いに経験した症例について話し合ったり、自分がローテートした科で学んだ知識について共有する場面を、この半年間だけでもすでに多く経験しています。同期との会話の中で、自分だけが知らない話が出てきて焦ることも往々にしてありますが、その都度教えてもらうことで、一人で勉強しているだけでは決して知ることのない学びを日々得ています。このように書くと、競争が激しくて何やらギスギスした雰囲気なのではないかと心配になる方もいるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。将来の話や、日々の中で感じた悩みを、一番正直に相談できるのは、おそらく研修同期なのではないかと思います。このように素晴らしい同期に恵まれ、楽しく研修生活を送ることが出来る環境は何にも代え難いことだと感じています。

    他にも優しい先輩の存在や、丁寧に指導して下さるメディカルスタッフの存在など、魅力を挙げればきりがありません。ぜひ、一度見学にいらして当院の空気を感じてみて下さい。

vertical_align_topページ上部へ

代表電話へ

予約センターに電話

arrow_upwardPAGE TOP