採用情報

トップページ > 採用情報 > 初期臨床研修

初期臨床研修

     

     プログラムについて.png          令和3年初期臨床研修2.png          医学生の皆様へ.png

初期臨床研修プログラムについて

program.png

 当院での初期臨床研修は、開院以来総合ローテート方式をとってきました。2020年度からの制度改変に伴って、内科、外科、小児科、産婦人科、救急科、精神科、地域医療及び一般外来研修が必修となりましたが、今までとかわることなく必修科目以外の期間は必修科目、非必修科目を問わず、全診療科を希望に応じてローテートすることができます。ローテートスケジュールは研修医同士の話し合いで決めているので、どの科をいつ回るか希望が通りやすいシステムになっています。
 1年次、2年次1ヶ月ずつの救命救急センターローテートに加え、週に1回程度の当直・休日日直を2年間通して行います。軽症から重症まで多数の患者の診療を行うことにより、プライマリケアの実力をつけることができます。

各診療科のプログラム

vertical_align_topページ上部へ

医学生の皆様へ(メッセージ)

院長から一言

院長 梅村 敏

ここ横浜労災病院は、地域に根ざした高度医療を提供しています。医師のみならず多くの職種が手に手を取り、患者さんのトータルケアーを目指しています。その特徴は専門性の高い診療を提供しつつも、他院には無い各科の共同作業による総合力を発揮する病院です。
さて、研修医が望む研修病院の理想像は何でしょうか?
おそらくは、診療にあたっての問診やヴァイタルチェックをはじめとする基本的診察能力の獲得と診断の為の必要不可欠な各種検査方法やその手技を系統だって指導され学ぶ事が出来る施設がおそらくは望まれる姿であろうと想像いたします。
救急医としてのプライマリーケアー処置を学びたいとの研修医の希望に納得しますが果たしてそれが初期研修目標でしょうか?医師としての心構えと発想や感性を培うべきで、実学としての実技に溺れると基本的な心構えが見失われ易いと思います。すばらしい各人の個性と特性と実力を当院の指導が邪魔する事無く、日本のみならず世界に通用する医師としての心構えを身につけてほしいと思う次第です。臨床の場で、いつか独立して自分で孤独にその瞬間を判断しつつ、責任を負う事となる時代が来る覚悟をこの病院で身につけて欲しいと思います。当院は、多くの職種を越えて討論する技量と、コミュニュケーション術を育てる病院であると自負しております。
医師になる覚悟と努力を実践できる我が横浜労災病院で初期研修を経験する楽しさを共有しようではありませんか。病院勤務、学者、町医者、大学教員?どの姿を将来に浮かべますか?その前に我々と共に診療の基本と患者への対応を通じて研修医としての心構えと思いを経験してほしいと願っております。

当院の特徴は、

  1. “勤労者医療”、“癌対策”、“脳卒中急性期医療”、“心血管系疾患(心筋梗塞等)”、“糖尿病(生活習慣病)対策”、“救急医療”、“小児医療”、“周産期医療”、“老年病対策”を中心に整備しています。
  2. 地域中核施設として、24時間、365日いつでも安心してかかれる救急診療の充実を行っています。
  3. 地域の開業医や病院、大学と共に連携を強め患者中心の医療の展開を行っています。
  4. 高水準な医療を提供できる環境を整備しています。
  5. 医師のみならず多くの職種にて人材育成と、最先端な高度医療をめざす研究機能の強化を行い、医療の現場に有能かつ心ある医療人を輩出しております。

横浜労災病院は横浜市北東部医療圏の地域中核施設として約25年前に開設された、市内でも有数な病院として発展してきました。母体は労働者健康安全機構で全国に34の労災病院を有し、そして最も新しく設立されたのが当院でもあります。その設立趣旨としては、労災病院群の中でもリーディングホスピタルとして、さらには地域中核施設として名に恥じない医療体制を整備する事が望まれてきました。
上記内容を中心として、患者さんの満足度を高め、安心していただける医療を実践しております。居心地よい快適空間も常に整備しておりますので、患者さんばかりかそれを支えるご家族のみなさんにも満足行く医療内容を提供できるものと信じております。

先輩から一言

初期研修医2年次 川村 優介

  • 横浜労災病院での研修を始めて早一年が過ぎました。後輩もできましたが、まだまだ至らない点が多く、日々精進の毎日を送っています。「医学生の皆さんへ」ということで、自分の1年間の研修を振り返って、当院での研修について述べさせていただきたいと思います。
    まず、当院は、教育的で熱心な医師やスタッフが多いことが特徴のひとつです。これまで自分が勉強してきた知識が適用できず、アセスメントに難儀する病態に直面することも多く、自分の無力さに打ちひしがれることをこの1年間でたくさん経験しました。目の前で苦しむ患者さんの姿を見ていることしかできない時、自分のミスや無知で患者さんやスタッフに負担をかけてしまい、「もし自分でなかったなら助けられたのではないか。」そんな思いを感じたことは、一度や二度ではありませんでした。そんな折、時に優しく、時には背を押してくれる熱意ある先生方に本当に救われました。妥協せず研鑽を続ける先生たちの姿は、私にとって尊敬の対象であり、また自分も患者さんのため日々努力を続けていかなければと感じ、医師としてのキャリアプランに大きく影響を受けました。
    また、当院の研修を語る上で、ER研修は外せません。当直帯でも必ず救急科の先生がいるのでフィードバックを受けやすく、質の高い初期対応を学ぶことができますし、エビデンスに基づいた医療を肌で感じ、吸収することができます。ファーストタッチは基本的に研修医が行うため日々学ばせていただいています。また、研修医はみなとても積極性があり、上級医にアセスメントして吸収しようと学んでいます。レジデントカンファレンスという研修医による勉強会も盛んで、お互いに勉強すべきことや悩んだことを共有し、知識を深めていこうと切磋琢磨しています。先輩方は優しくて頼りになる存在で、医学から医師としての心構えまでたくさんのことを学ばせていただきました。
    キャリアを考える上では、スタッフの多様性があることが強みだと考えます。医師にも、看護師などのメディカルスタッフにも様々な考え方やキャリアを持った方がおり、研修で自分のキャリアプランを考えようと思うなら、きっとモデルになる医療者がいると思います。患者さんに対して自分にできることは何か、どんな医師になりたいか、先輩スタッフの考えも参考にキャリアを考えていける病院だと思います。
    当院は、積極的に研修したいというニーズには間違いなく答えてくれる風土のある病院だと思います。興味をお持ちの方は、是非一度見学にいらして当院の空気を肌で感じてみてください。

初期研修医 1年次 小田 貴之

  • はじめまして。初期研修医1年目の小田貴之と申します。
    私は岡山大学を卒業しておりますが、卒後は出身である横浜の地にて医療に携わりたいと考えておりました。そこで横浜市内のいくつかの病院を見学しましたが、マッチングの際には当院を第一志望といたしました。その理由を少しばかり述べさせて頂きます。
    第一に私は救急医療の現場で多くの症例を経験したいと考えておりました。そのため、横浜市内でも有数の救急患者を受け入れている当院での研修に非常に魅力を感じておりました。病院見学に来た際も、研修医の先生方がfirst touchで診て、アセスメントをしている姿をみて「自分もこうなりたい!」と強く感じました。
    第二に当院の研修医は非常に向上心があるという点です。当院では研修医が主体となって行う勉強会が毎月数回あります。勉強会以外でも、研修医室では同期や先輩方から色々な事を教えてもらうことができ、毎日が学びの日々です。私は大学在学中にとある先生が、「研修医の間に医師として取り組む姿勢で、その後の医者人生の9割が決まる」と言っていたのが非常に印象的でした。そのため高いモチベーションと能力を持った同期や先輩方と、刺激しあって日々成長できる環境は私にとって非常に魅力的でした。
    この2点が当院を志望した大きな理由です。そしてここからは実際に研修医として勤めてみて感じた、私が皆さんに当院での研修をおすすめしたい理由です。
    まず当院では指導医の先生が非常に熱心に指導して下さいます。医学的知識や手技はもちろん、医者としての心構えなども教えてくださり、毎日が学びの日々です。コメディカルの方も非常に優しく研修医に接してくださり、とても充実した研修環境であると思います。
    次に、当院は救急が充実しており、その他の診療科でも非常に充実した研修を送っておりますが、「自由度の高いローテート」が特徴だと思います。当院では4月からいきなり各科の診療科での研修ではなく、1週間オリエンテーションの期間が設けられています。その間に皆で話あって自分達でローテートを決めますが、制約も非常に少なく「自分だけのローテート」を組むことができます。後からでの変更も随時可能ですので、自分の納得のいく研修生活を送ることができとても魅力的だと思います。
    同期の仲が非常に良いのも当院の特徴です。我々1年生も、来年共に働く事となる皆様に、少しでも多くのことを教える事ができるように、毎日お互い刺激しあって学んでおります。
    当院での研修に少しでも興味を持っていただいた方は、是非1度当院に見学にいらして下さい。まだまだここでは書ききれない当院の魅力をお伝えしたいと思います。
    皆様と共に、医師としてのプロフェッショナリズムを探求しつつ働けることを心より楽しみにしております。

vertical_align_topページ上部へ

代表電話へ

予約センターに電話

arrow_upwardPAGE TOP