• 横浜ろうさい病院 看護部サイト

    • zoom_out_map文字サイズ
    • -標準
    • +拡大

看護師からのメッセージ

横浜ろうさい病院 看護部 > 看護師からのメッセージ > 認定看護師・医療安全管理者へインタビュー

認定看護師・医療安全管理者へインタビュー

皮膚・排泄ケア認定看護師 やぎさん


  • 褥瘡や手術後の治りにくい傷から、ストーマ造設前・後の継続サポート、失禁に関する困りごとなど、医師や看護師、患者さん・ご家族と一緒にケアの方法を検討したり実際に行ったりしています。
    院内には皮膚・排泄ケア認定看護師が2名おり、2人で院内を飛び回って問題解決のお手伝に奮闘しています。

緩和ケア認定看護師 こじまさん


  • 緩和ケアは病気による身体や心のつらさを和らげるための医療です。
    当院には緩和ケア認定看護師が4名おり、緩和ケアチームや病棟で活動しています。
    患者さんが自分らしく日常生活を送るために、つらい症状を和らげることができるように努めています。
    また患者さんやご家族が療養するうえで心配事や不安についておうかがいし、一緒に考え、できる限り希望に沿ったその方らしい生活が送れるようにサポートします。

感染管理認定看護師 うださん


  • 感染管理認定看護師2名が専従(感染管理室)と兼務(師長補佐)で活動しています。感染管理の目的は「患者さん・ご家族・訪問者はもちろん、現場で働くすべての人々を感染から守ること、全ての職員が感染対策を実践できるように働きかけていくこと」です。多職種で構成される感染制御実践チーム(Infection Control Team)・感染対策リンクスタッフと協働しながら、さまざまな感染予防策に取組み、安心・安全な療養環境の提供を目指しています。
    今後は、院内感染対策だけでなく、地域の皆さんに向けた感染予防活動にも目を向けていきたいと考えています。

がん看護専門看護師 乳がん看護認定看護師 おおなぎさん


  • がん看護専門看護師には、がん医療における治療方針の決定、治療と副作用、症状の緩和、療養先の選択などに関連した身体的・心理社会的な悩みに直面している患者さんとご家族、看護師をサポートする役割があります。
    がんとともに生きる患者さんの体験に寄り添い、患者さんとご家族の生活や人生をともに考える存在として様々な課題を一緒に考えていきます。また、患者さんやご家族が悩みを相談できる体制作り、医療チームにおける意見の調整、看護師からの相談の対応、教育活動も行っています。乳がん看護認定看護師の資格も取得しています。

リエゾン精神看護専門看護師


  • 「リエゾン(liaison)」には、つなぐ、連携する、橋渡しをするという意味があります。リエゾン精神看護とは、精神科看護の領域の知識や技術を他の領域の看護に応用し、身体疾患をもつ患者さんとその支援者である看護師に対して、専門的な立場から手助けすることです。
    患者さんやご家族の、入院生活や治療に対する不安や気分の落ち込み等の心の問題に関する相談に対応しています。面接やリラクセーションを実施し、その人らしく過ごしていただけるように支援しています。また、看護師がいきいきと意欲的に働くことができるように、看護師のメンタルヘルスの向上や教育的支援を行っています。

医療安全管理者 たんざわさん


  • 医療安全管理者は、1名の専従で医療安全管理室にて組織横断的に活動しています。
    主に、事故防止、院内で発生する出来事の分析・対策立案の支援、事故発生時の対応、医療安全も関する研修の実施などの役割を担っています。
    療養環境の整備や、医薬品・医療機器の正しい取扱いなどの問題を組織として取り組み、安全な業務への提言を行っています。
    患者さんが安心して医療を受け、職員が安心して医療を提供できるように、体制や環境作りに努めています。

横浜労災病院 認定看護師紹介

認定看護師とは特定の看護分野において優れた知識と熟練した看護技術をもつと日本看護協会が認定した看護師のことです。

集中ケア
松下澄子・松本美佐子・本鍋田麻代

緊急入院や大手術後の方に対する呼吸や循環状態の悪化予防や、早期離床を目指したサポートを行っています。患者さんと同じ目標を持って看護できるよう、看護師一同努めています。

皮膚・排泄ケア
八木美弦・高山ふみ代

褥瘡や手術後の治りにくい傷から、ストーマ造設前・後の継続サポート、失禁に関する困りごとなど、医師や看護師、患者さんやご家族と一緒にケアの方法を検討したり実際に行ったりしています。

感染管理
長田久美子・宇田淳子

患者さんやご家族はもちろん、すべての訪問者と現場で働くすべての人々を感染源から守ることが主な役割です。医師、薬剤師、検査技師とチームを組んで感染対策に取り組んでいます。

救急看護
大沢智・佐伯昌美

事故や脳卒中、心疾患、持病の急激な悪化などの多種多様な疾病や外傷を有した患者さんが、安全に医療を受けられるよう看護を行っています。来院時より社会復帰を見据えて心身の障害を最小限にとどめるよう努めています。

小児救急看護
本間英利香

救急外来を受診されるお子さんを迅速に観察し適切な処置や看護を行います。また、自宅での過ごし方や子育てにおける悩みなど、心配に思うことや困っていることがあればご相談ください。

慢性心不全看護
金子伊津子

心不全患者さんの急性期から終末期までQOLの向上にむけて、病棟に在籍しながら外来看護を行い病と共に生きる患者さんやご家族の個々に合った生活調整ができるように支援を行っています。

認知症看護
樋口鉄也・熊倉絵里

認知症の患者さんの権利を守り、生活環境の質を高めること、家族を支援するなど専門的な知識をもって支援にあたります。そして日々認知症の患者さんと向き合う看護師の相談役・アドバイザー役としての役割を担っています。

新生児集中ケア
古都美智子・小堤恵梨

小さく生まれた赤ちゃんや、病気を持って生まれた赤ちゃんの将来的な発達を踏まえた急性期看護を行います。また、家族のスタートラインを応援、サポートします。

緩和ケア
小島彩子・古田邦子・三野千絵・瀬戸広美

患者さんのからだや精神的なつらさが楽になるようにケアを行います。患者さんやご家族の思いを大切にし、穏やかな時間が過ごせるようにサポートします。

手術看護
長嶺園美

術前・術中・術後と、患者さんが安全に手術を受けられるようサポートさせていただいています。生命を委ねてくださる患者さん一人一人に合った看護を提供できるよう努めています。

がん化学療法看護
川原裕美・岡本真理子・河崎弘子・倉林美和

患者さんやご家族が安心して抗がん剤治療を受けることができるよう、分かりやすく治療の説明をしたり副作用対策を一緒に考えたりしています。またチーム医療の架け橋となり最良の看護で継続的にサポートします。

糖尿病看護
野地俊成

糖尿病治療を行う患者さん、糖尿病を持ちながらがん治療や手術を受ける患者さんの合併症予防や血糖値のコントロールなど患者さんや家族に合わせたサポートを行います。

乳がん看護
大椛裕美

がん医療における治療方針の決定、副作用への対応、症状の緩和、療養先の選択などに関連した様々な悩みに直面している患者さんとご家族をサポートします。

代表電話へ

予約センターに電話

arrow_upwardPAGE TOP