• 横浜ろうさい病院 看護部サイト

    • zoom_out_map文字サイズ
    • -標準
    • +拡大

看護部のご案内

看護部の紹介

看護部長挨拶


  • 横浜労災病院は横浜市北部地域「新横浜」において、勤労者医療、地域医療支援・地域がん拠点病院として高度急性期・急性期医療を担っています。
    看護部では、専門職としての役割を担う中で「慈愛・創造・対話・感動」を keyWord として研鑽に努めています。専門職業人として誇れる自分であり続けることが人生を豊かにすると考え、看護実践力の向上を基本として、高い品格と倫理観をもち、正しい知識に裏付けられた安心できる看護の提供を目指しています。
    地域で「生活」している「人」を支えるために、急性期医療から在宅医療・介護までの一連のサービスを切れ目なく提供し、地域の多職種の方々と一緒に考え、行動できる看護をこれからも推進していきたいと思います。


    副院長 兼 看護部長 渡辺 潤子

看護部理念

私たちは看護の専門職者としてその役割を担い、すべての人々に慈愛、創造、対話、感動のある看護を実践します

基本方針

  1. 目指す看護を実践できる看護師の育成に努める
  2. 専門職者として生きがいを持って働き続けることのできる環境づくりに努める
  3. チーム医療を推進する
  4. 経営に積極的に参画し組織に貢献する
  5. 看護活動を通して地域に貢献する

看護部概要

compare_arrows横スクロールで続きを表示

看護単位 20看護単位 病棟13   外来  ICU(10床)  NICU(9床)/GCU(12床) 
救命救急センター(ER外来/ER病棟、救命ICU/救命救急病棟) 手術室
看護体制・勤務体制 7:1看護体制  8時間3交替制
看護提供方式・看護記録 固定チーム継続受け持ち制
電子カルテ:PONR&経時記録・看護診断(NANDA-Ⅰ)
看護体制・勤務体制 看護職員数:約650名(嘱託含む)…男性看護師:44名
看護補助者・病棟クラーク・保育士も配置しています

【日本看護協会認定看護師】専門看護師:2分野3名 認定看護師:13分野26名

compare_arrows横スクロールで続きを表示

がん看護専門看護師 2名 精神看護専門看護師 1名
救急看護 2名 感染管理 2名 新生児集中ケア 2名
集中ケア 3名 小児救急 1名 慢性心不全看護 1名
緩和ケア 4名 手術看護 1名 がん化学療法看護 4名
糖尿病看護 1名 乳がん看護 1名 皮膚・排泄ケア

3名

認知症看護 2名

看護部の特色

個別性・継続性のある看護の提供

入院から退院まで責任を持って担当させていただく、固定チーム継続受け持ち制を実施しています。

充実した教育体制とキャリアアップ支援

  • 目標管理・キャリアラダーを取り入れ、看護職員一人ひとりの成長、 キャリア開発を支援しています(教育プログラム参照)
  • 新人看護師支援体制による一年間継続した教育プログラムの実施およびプリセプターシップ&チューターシップによる新人看護師
    一人ひとりの成長に応じた業務支援を実施しています
  • 新採用者の職場適応を支援する新採用者および中途採用者オリエンテーションや研修を実施しています
  • 助産師学校・看護系大学・大学院等への進学休職制度や奨学金制度、認定看護師資格取得など外部機関等研修制度により
    労災病院間の交流派遣制度、転勤制度があります

看護に専念できる環境

看護職員が看護に専念できる環境として、ベッドセンター・MEセンター・SPD(物流管理システム)等の部門があります。
また看護補助者やクラークを導入して看護業務の効率化、省力化を図り、働きやすい・働き続けられる環境の整備に努めています。
電子カルテを使用し、医療情報の共有化と業務の効率化を図っています。

  • SPD

    SPD

  • MEセンター

    MEセンター

  • 病棟クラーク

    病棟クラーク

チーム医療への参画と推進

緩和ケアチーム・皮膚・創傷管理チーム・NST(栄養サポートチーム)・糖尿病療養指導チーム・ICT(感染対策チーム)・呼吸ケアサポートチームなどチーム医療に積極的に参画し推進しています。

代表電話へ

予約センターに電話

arrow_upwardPAGE TOP