診療科目

トップページ > 診療科目 > 専門診療科 > 耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科

insert_comment紹介制

医師紹介

 
  • 耳鼻咽喉科部長
  • 塩野 理(しおの おさむ)
  • ● 卒業年次:
    平成10年
  • ● 専門分野:

    アレルギー・鼻副鼻腔疾患、頭頸部腫瘍

  • ● 学会専門医・認定医:

    日本耳鼻咽喉科学会専門医・専門指導医、
    日本気管食道科学会専門医、横浜市立大学耳鼻咽喉科・頭頸部外科客員講師

compare_arrows横スクロールで続きを表示

役職氏名卒業年次専門専門医・認定医等
医師 丹羽 一友 平成20年 頭頸部腫瘍 日本耳鼻咽喉科学会専門医
医師 山本 学慧 平成24年 小児領域 日本耳鼻咽喉科学会専門医
医師 青山 準 平成26年 耳鼻科一般
医師 鬼島 菜摘 平成28年 耳鼻科一般

診療科紹介

耳鼻咽喉科は頭蓋底から鎖骨までの領域のうち、眼球を除いた部分すべてを扱います。耳、鼻、のどだけでなく、顔面神経、唾液腺、甲状腺のような臓器も含まれます。対象となる患者さんは老若男女を問いません。治療にはお薬を使う内科的な治療と、手術を行う外科的な治療の両方を行います。そのため耳鼻咽喉科診療では幅広い知識と技術が必要です。当院には高度な設備があり、検査や治療に際して大学病院レベルを目標とした診療を行っています。完全紹介制、病診連携、病病連携を進めております。いったん病気が落ち着いた状態となれば、かかりつけ医で治療や経過観察の継続をお勧めしています。耳、鼻、のどは感覚が敏感な部位であり、患者さんはつらい症状に悩まされています。患者さんのつらい症状を理解し、ともに病気を治療していくことを心掛け、診療に当たっています。

検査、治療の紹介

高気圧酸素治療室(突発性難聴治療)、聴力検査(新生児スクリーニング後のABR検査)、T&Tによる基準嗅力検査、舌下免疫によるアレルギー性鼻炎治療、好酸球性副鼻腔炎治療、ろ紙ディスク法による味覚検査、嚥下障害に対する嚥下改善・誤嚥防止手術、鼻咽喉軟性電子内視鏡(NBIによる早期がんの診断)、放射線治療科・形成外科・口腔外科・外来化学療法室と連携した頭頸部がん治療、再発腫瘍に対する定位放射線治療

主な実績

2017年度手術件数

compare_arrows横スクロールで続きを表示

鼓室形成術 14
乳突削開術 5
鼓膜換気チューブ留置術 38
鼓膜切開術 14
鼓膜形成術 4
顔面神経減荷術 4
耳瘻孔摘出術 1
外耳道腫瘍摘出術 0
内視鏡下鼻内副鼻腔手術 119
鼻中隔湾曲矯正術 55
下鼻甲介手術 92
視神経管解放術 0
後鼻神経切断術 10
鼻出血止血術 2
涙嚢鼻腔吻合術 0
眼窩吹き抜け骨折整復術 0
鼻副鼻腔良性腫瘍手術 4
鼻副鼻腔悪性腫瘍手術 1
経鼻腔眼窩内腫瘍摘出術 0
口蓋扁桃摘出術 167
口蓋扁桃術後出血止血術 1
アデノイド切除術 37
口腔良性腫瘍摘出術 6
口腔悪性腫瘍摘出術 7
咽頭良性腫瘍摘出術 7
咽頭悪性腫瘍手術 5
直達鏡下喉頭微細手術 19
顎下腺良性腫瘍手術 10
顎下腺悪性腫瘍手術 0
耳下腺良性腫瘍手術 10
耳下腺悪性腫瘍手術 0
バセドウ病手術 3
甲状腺良性腫瘍手術 16
甲状腺悪性腫瘍手術 9
副甲状腺手術 14
頸部のう胞摘出手術 7
リンパ節摘出術 15
気管切開 19
気管孔狭窄拡大術 2
気管切開孔閉鎖術 10
喉頭悪性腫瘍手術(全摘) 0
喉頭悪性腫瘍手術(切除) 5
頸部郭清術 18
デブリードマン 0
頸部術後出血止血術 3
喉頭粘膜下異物挿入術 0
誤嚥防止術(喉頭全摘) 2
嚥下改善術 2
舌小帯形成手術 0
皮膚・皮下腫瘍 3
咽頭・気管皮膚瘻閉鎖術 3
合計 753

外来案内

診察時間

午前

丹羽 青山 応援医師

★塩野 山本 青山

★塩野 丹羽 鬼島

山本 応援医師

★塩野 鬼島 
応援医師

午後

交代制

(補聴器)
丹羽 青山 鬼島

(腫瘍 第1・3・5週)
★塩野

交代制

(補聴器 第1・3週)
★塩野

(注)★印 : 部長
専門外来案内
① 補聴器 ② アレルギー ③ 頭頸部腫瘍