血液内科

診療概要

血液内科とは、血管の中を流れる血液細胞の異常、その血液細胞を作っている骨髄の異常、リンパ節の異常、出血を止める働き(止血)の異常を扱うところです。具体的には、鉄欠乏性貧血、悪性貧血、溶血性貧血などの貧血、再生不良性貧血、急性あるいは慢性白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、血小板減少症、血友病などの検査・治療にあたります。

診療スタッフ

当科では、上に挙げた血液造血機の良性・悪性疾患全般を扱っています。血液内科で扱う病気には、いわゆる難病、悪性腫瘍が多く、その治療には専門的知識、経験が必要とされます。

氏名 専門 専門医・認定医等
副院長
血液内科部長
医師臨床研修センター長
平澤 晃 内科学
血液病学
輸血学
日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
日本血液学会認定血液専門医・指導医
日本輸血・細胞治療学会認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
インフェクションコントロールドクター
日本医師会認定産業医
臨床検査科部長
輸血部長
佐藤 忠嗣 内科学
血液病学
輸血学
日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
日本血液学会認定血液専門医・指導医・代議員
日本輸血・細胞治療学会認定医
日本臨床免疫学会評議員
労働衛生コンサルタント
血液内科副部長 阿部 大二郎 内科学
血液病学
造血細胞移植
輸血細胞治療
日本血液学会認定血液専門医・指導医
日本内科学会認定内科医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医

病棟では、初期臨床研修医・内科後期研修医数名が専門医の指導のもと診療にあたります。

外来診療日

受付時間 8:15~11:00(予約の方は、予約時間に合わせて受付いたします)
※「予約」は事前予約または紹介状が必要です。
※初めて受診される方は、初診診療状況一覧表をご覧ください。

(注) ★印:部長 
※緊急呼び出し等により予告なく担当医に変更のある場合があります。ご了承ください。

治療内容

現在、再生不良性貧血の治療は、免疫抑制療法が主体となりつつあります。当院でも、中等症・重症型再生不良性貧血の治療には、抗胸腺細胞免疫グロブリンやシクロスポリン等の免疫抑制剤を用いた治療を行っています。多くの方々がこの治療により、外来通院できるまでに軽快されています。

急性白血病の治療は、抗癌剤の多剤大量療法がまず行われ、その後約2年間にわたる入院・外来での維持療法が続きます。発症時や抗癌剤の大量療法を行う間は、細菌などに対する抵抗力が低下しているため、無菌室での治療が進められます。当院は基準をみたした無菌室が12床(個室型4床・4人室型8床)あり、可能な限り無菌室を利用して急性白血病の初期治療を行うようにしています。慢性骨髄性白血病には、最近ではチロシンキナーゼ阻害剤(グリベック®、タシグナ®、スプリセル®)の内服治療が行われています。治療法は病状や希望により選択します。
 経過により急性、慢性白血病は、同種骨髄移植が行われることがあります。当院においては、骨髄移植は行っておりませんが、適応のある患者さんは近隣の移植施設にてご紹介しています。また、非血縁者間の骨髄移植についても、骨髄移植推進財団(骨髄バンク)と密接に連絡をとりながら進めています。

悪性リンパ腫の治療は、症状により抗癌剤治療、放射線治療を単独あるいは組み合わせて行います。抗癌剤療法は血液内科医が行いますが、放射線治療は当院の放射線科専門医と密接に連携を取りながら行っています。 また、当院でも自己末梢血幹細胞移植を取り入れた抗癌剤治療を行っています。

多発性骨髄腫の治療は、年齢・症状に応じて化学療法を行います。比較的若い患者さんでは自己末梢血幹細胞移植を伴った抗がん剤大量法を行っております。また、いわゆる分子標的治療であるボルテゾミブ(ベルケイド®)やサリドマイド、レナリドミドを用いた治療も行っています。

すべての治療は、患者さん・ご家族に説明の上、充分ご理解いただいた上で行うように心がけています(インフォームドコンセント)。また。悪性腫瘍の告知については、あらかじめ患者さんとご家族の意思を確認するようにし、ご希望に添うようにしています。

臨床実績

項目 患者数
平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
入院患者(実患者数) 268 306 256 206
入院新患
  急性白血病 24 26 23 33
  骨髄異形成症候群 10 12 16 6
  悪性リンパ腫 43 62 66 52
  多発性骨髄腫 17 14 16 10
  再生不良性貧血 7 5 3 2
  特発性血小板減少性紫斑病 5 6 6 6
  その他 8 30 39 6
ページの先頭へ