診療科目

トップページ > 診療科目 > 専門診療科 > 脳神経血管内治療科

脳神経血管内治療科

医師紹介

 
  • 責任医師 副部長
  • 戸村 九月(とむら ながつき)
  • ● 卒業年次:
    平成19年
  • ● 専門分野:

    脳血管内治療、脳神経外科、救急医学

  • ● 学会専門医・認定医:

    日本脳神経外科学会専門医、日本脳神経血管内治療学会専門医、日本救急医学会救急科専門医、日本医師会認定産業医

診療科紹介

脳神経血管内治療科は、脳卒中に対する急性期血栓回収療法を中心とした緊急性の高い脳血管疾患に対応するため、平成29年7月に新設されました。当院神経内科・脳神経外科の医師と協力し、同年12月からは24時間体制で救急患者さんに対応しております。これまで同様に、救急隊からのスムーズな受け入れを目的とした直通回線である脳卒中ホットラインは継続して運用しており、t-PA静注療法(血栓溶解療法)はもとより脳動脈瘤コイル塞栓術、頭蓋内主幹動脈に対する血管形成術や頸動脈狭窄に対するステント留置術なども症例に応じて治療を行うことが可能となりました。その他の対象疾患としては脳腫瘍や頭頚部腫瘍に対する栄養血管閉塞や脳動静脈奇形や硬膜動静脈奇形といったシャント疾患などが挙げられ、適応に応じて治療を行っています。
今後も急性期高度救急医療を実践する地域の基幹病院としての役割を果たすとともに、地域医療のニーズに応えて行きたいと思っております。まだ実績は少ないですが、近隣の住民や医療機関の方々に認知頂けるよう努力してまいります。

主な対象疾患

超急性期脳塞栓症

脳主幹動脈閉塞の主な原因は心原性脳塞栓症と考えられており、その大部分は心房細動という不整脈により形成された血栓塞栓症とされています。一度発症したら可能な限り速やかに閉塞を解除しなければ、閉塞血管部位に応じた梗塞が起こり、重篤な後遺症が残ることがあります。
近年、この脳主幹動脈の閉塞を再開通させるための種々な医療機器(デバイス)が開発されており、ペナンブラシステムという太い血管吸引用のカテーテルと、ステントリトリーバーと呼ばれる金属製の網目の入った筒のような機器の2つに大別されています。前者は非常に柔軟な形態を持ち、脳血管の閉塞部位までカテーテルが挿入できるため、詰まった血栓をさながら掃除機のように吸引除去することが可能です。後者は閉塞している血栓部分まで誘導した後に、デバイスを展開して血管径に合わせて拡張させることで、中に入り込んだ血栓を捕捉して絡め取るように回収が可能です。これら2つの方法を用いることによって、近年では80~90%の確率で再開通させることができるようになりました。
脳塞栓症を発症された後に血栓回収療法がなされ、無事再開通に至った場合でも、必ずしも予後が伴わないことがあり、その理由として発症から再開通までの経過時間が重要とされています。当院では治療マニュアルや院内フローチャートの作成、院内勉強会等を行って、救急搬送から再開通療法までの流れが速やかに進むように心掛けております。発症から来院までの時間経過が少しでも短くなるように、医療機関の先生方においては、速やかな搬送にご協力頂ければ幸いです。
現時点では、国内のガイドライン上は発症6時間以内の症例を良い適応として治療を推奨していますが、最新の海外からの報告では、一定の条件を満たせば16時間あるいは24時間以内までの適応拡大の見通しがあり、本邦でもさらなる治療適応患者の拡大が期待されています。


主な実績

治療・検査実績 平成29年度下半期(2017年10月~2018年3月)

compare_arrows横スクロールで続きを表示

急性期血栓回収療法 7件
頭蓋内血管形成術 1件
脳動脈瘤コイル塞栓術 2件
頸動脈ステント留置術 2件
母血管閉塞術 1件
栄養血管塞栓術 1件
診断血管撮影 82 件

外来案内

毎週金曜日 - 午前に3枠(9時、10時、11時)確保しており、午後は主に治療後の外来通院枠とさせて頂いています。予約センター(045-474-8882)から、ご予約ください。

外来案内

診察時間

午前

☆戸村