病理診断科

診療概要

病理診断科は、病気の種類や治療方針などについての重要な情報を、患者さんの検体から読み取る仕事をしています。
病院の中にいても直接患者さんと接することはないので、広く知られた存在ではありませんが、現在の医療においては、なくてはならない役割をになっています。

診療体制

専任医師:
病理診断科部長 角田幸雄(日本病理学会専門医、日本臨床細胞学会専門医)
病理診断科医長 柴原裕紀子(日本病理学会専門医・日本臨床細胞学会専門医)
顎口腔病理診断科副部長 長谷川直樹(日本口腔病理学会専門医)
臨床検査技師:
9名(細胞検査士8名)

診療内容

  1. 組織診断:採取された検体から顕微鏡標本を作製し、病変が炎症か腫瘍か、炎症ならば何が原因か、腫瘍ならばどのような種類の腫瘍かを調べます(生検)。また手術で摘出された胃・大腸・肝臓・肺・膀胱・子宮などから病気の進行度などを決定します。手術の途中で検体を凍結して標本をつくり、切除断端やリンパ節に癌細胞がないかなどを15分ほどで確認することもできます(術中迅速診断)。
  2. 細胞診断:喀痰や尿などの排出物の中に異常な細胞がないかを調べます。これらは患者さんに痛みを与えない優しい検査法です。また胸水・腹水・胆汁などの液状検体内の異常細胞を調べます。婦人科の子宮スメアは癌検診のスクリーニングとしてきわめて有用であることはよく知られていますし、乳腺や甲状腺の「しこり」に針を刺してそこからとられた細胞を調べ、「しこり」がどんな性質のものかを推定することもできます。
    これらは特別な訓練をうけた細胞検査士がおこないます。
  3. 病理解剖:病院で亡くなった患者さんを解剖させていただくことにより、病気の広がりや進行度、生前に行われた治療がどれくらい有効であったかなどを詳しく検討します。

認定資格取得者数(臨床検査技師対象認定資格など)・病院

  衛生管理者 1名
  特定化学物質四アルキル鉛作業主任者 3名
  有機溶剤作業主任者 3名
日本臨床細胞学会 細胞検査士(国内・海外) 8名
日本臨床検査同学院 臨床病理技術士二級(病理) 5名
臨床病理技術士二級(血液) 1名

臨床実績

組織診断 細胞診断 術中迅速診断 病理解剖
2010 8,437 8,539 370 17
2011 8,155 8,463 382 31
2012 8,849 8,829 439 21
2013 9,052 9,130 475 15
2014 9,486 9,450 536 12
2015 9,621 9,337 449 17
2016 9,481 9,499 530 12
ページの先頭へ