代謝内科

診療概要

扱う疾患は、「生活習慣病」と呼ばれる脂質異常症・肥満症・痛風をはじめとした慢性疾患が主体です。 いずれも高齢化社会を迎える日本人の生活の質(Quality of Life)に多大な影響を及ぼすものばかりで、これらの治療によって脳卒中や狭心症・末梢動脈疾患などの動脈硬化性疾患が発症しないように予防することを目指しています。 疾患の性質から糖尿病や高血圧に合併することが多く、治療で最も大事なことは生活習慣改善とされていますので、薬剤師・看護師・栄養士とともにチーム医療で行っています。 また、遺伝性の家族性高脂血症では、腎臓内科と連携してコレステロール吸着療法(神奈川県下でも2〜3箇所のみ)にも対応しています。

ページの先頭へ