診療科目

トップページ > 診療科目 > 疾患別センター > 包括的乳腺先進医療センター

包括的乳腺先進医療センター

「 “一人の乳がん患者”ではなく”一人の女性”として 包括的な治療戦略を立てていくことが大切です」


  • 横浜労災病院  
    包括的乳腺先進医療センター長・乳腺外科部長兼務
    千島 隆司

包括的乳腺先進医療センターとは

  • image2.jpeg
  •  日本における乳がんの罹患者数は年間9万人といわれています。その一方で、85%の乳がん患者さんは病気を克服して「もとの人生」へ戻ることができるようになりました。

     これからの乳がん診療は、治療だけではなく「がんが治った後の生活」も考えた患者支援が大切となってきます。

     当院では、2017年4月1日から包括的乳腺先進医療センター(ブレストセンター)を立ち上げて「患者中心の乳がん診療」に取り組んでいます。“包括的”という言葉には“医師による治療だけではなく看護師・薬剤師をはじめとしたメディカルスタッフによる支援”という想いが込められています。そして“先進”という言葉には“最先端の治療だけではなく他施設にはない一歩進んだ患者支援”という想いが込められています。

     横浜労災病院では医療スタッフだけではなく、全病院職員が高い意識を持って「病を診る治療だけではなく人を看る診療」をめざして頑張っています。

包括的乳腺先進医療センターが推進する「五本の柱」


当院が誇る“チーム医療”を最大限に活かして包括的な乳がん診療施設を構築していきます。

1.診療

「乳がんが治った後の生活」も考えながら、一人ひとりの患者さんに最適な治療を選択していきます。

2.研究

新薬の開発や国内外の臨床試験に参加するとともに、社会復帰支援やがん看護に関する臨床研究も行っていきます。

3.患者支援

安心して治療が受けられるための患者支援を充実させます。(就労支援・遺伝相談・がんの生殖医療・アピアランス相談・こころのケアなど)

4.教育

全国の医療スタッフとチーム医療の勉強会を開催し、乳がん診療のレベルアップをめざします。

5.地域連携

近隣の医療施設やかかりつけ医と連携しながら、「患者さんが快適に治療を受けられる環境」を整えていきます。

  • 【患者支援】 専門看護師によるがん看護相談

    【患者支援】 専門看護師によるがん看護相談

  • 【地域連携】 緩和医療チームによる在宅医療支援

    【地域連携】 緩和医療チームによる在宅医療支援

  • 【臨床】 多職種・多診療科による症例検討会

    【臨床】 多職種・多診療科による症例検討会

  • 【教育】 多職種合同でのチーム医療講座

    【教育】 多職種合同でのチーム医療講座

包括的乳腺先進医療センターのチーム医療


活動実績

image1.png
image2.jpg
横浜市医療啓発サイト『メディカルノート』に当院乳腺外科部長 千島隆司医師の記事が掲載されました。