病院コラム

トップページ > 病院コラム > 内分泌・糖尿病センター

内分泌・糖尿病センター

糖尿病内科・内分泌内科・代謝内科

診療概要

横浜労災病院 内分泌・糖尿病センターは、日本内科学会、日本糖尿病学会、日本内分泌学会、日本高血圧学会の認定教育施設、日本肥満学会認定肥満症専門病院の認定をうけ、内分泌疾患(ホルモンの病気)、糖尿病、代謝疾患(高脂血症やメタボリックシンドローム、骨粗鬆症など)のすべてを総合的に診療可能な診療科です。 内分泌疾患、糖尿病、代謝疾患は密接に関連し合併も多いため、当院では従来別診療科であった内分泌代謝内科と糖尿病センターを統合し、2011年内分泌・糖尿病センターとしました。(内分泌内科、糖尿病内科、代謝内科それぞれの紹介はここをクリック)

診療内容

副腎の病気の診断と治療では国内有数の経験があります。 2008年当センターで開発し世界で初めて日常診療に取り入れた新しい副腎静脈採血検査 (区域別副腎支脈採血法)は、副腎の病気の診断精度を向上させましたが、2016年さらに精度を向上させた最新の副腎静脈採血法(選択的区域別副腎支脈採血法)を開始しました。 この結果、副腎内のホルモン異常を今まで以上に詳しく検査することが可能となり、特にCT検査で副腎に腫瘍のある患者さんの約半数で、今までの片側副腎を全部取り除く手術以外に、腫瘍だけを取り除く手術 (部分切除) が可能な患者さんも診断することも可能になりました。さらに両側の副腎に腫瘍のある患者さんでも手術が可能かどうかを診断することができるようになりました。 そして、副腎の手術を担当する当院当院泌尿器科では、2010年以降腹部のーカ所の小さな傷から腹腔鏡を入れ手術する単孔式腹腔鏡下副腎切除術をー部の患者さんで行っています。 このため国内の大学病院や総合病院、クリニックから年間約100例以上の御紹介を頂き、近年は海外の医療施設からの紹介もあります。(原発性アルドステロン症クッシング症候群の治療はここをクリック)。また2015年4月より行っていました東北大学との共同研究でアブレーション治療は2016年3月に終了いたしました

糖尿病診療は、横浜市北東部の医院、クリニックとの連携を大切にした診療を行っています。(「糖尿病地域医療連携」の詳細はここをクリック)。
外来診療スペースも合理的に配置され、糖尿病専門医による診療と糖尿病療養指導チーム所属のスタッフによる栄養指導、生活指導、フットケア、インスリン注射指導などを受けることができます。(糖尿病の治療はここをクリック)
糖尿病の入院治療は、患者さんの膵臓からインスリンがどれだけ出ているか、インスリンは効きにくいか効きやすいか、24時間連続血糖測定システム(CGMS)や自己血糖測定(SMBG)による血糖の詳しい測定、糖尿病による合併症の有無の検査、糖尿病に合併しやすく糖尿病を悪化させやすい脂質異常症、高血圧、ホルモンの病気などをチェックし、さらに患者さんのライフスタイルや御希望に合わせた治療法を行います。そして当センターの糖尿病療養指導チームの看護師、栄養士、薬剤師、検査技師、心理療法士、歯科衛生師が糖尿病専門医とともに糖尿病治療実践のための支援を行っています。

当センターが担当する病気

  • 糖尿病(1型糖尿病、2型糖尿病、その他の疾患による糖尿病、妊娠糖尿病 など)
  • 副腎の病気(原発性アルドステロン症クッシング症候群、褐色細胞腫、副腎腫瘍、先天的副腎皮質過形成 など)
  • 脳下垂体の病気(先端肥大症、クッシング病、プロラクチン産生腫瘍、下垂体腫瘍、下垂体機能低下症、ACTH単独欠損症、尿崩症 など)
  • 甲状腺の病気(バセドウ病、橋本病、甲状腺腫瘍、腺腫瘍甲状腺腫、亜急性甲状腺炎、無痛性甲状腺炎、甲状腺嚢胞など)
  • 副甲状腺やカルシウム、骨の病気(副甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能低下症、骨粗鬆症など)
  • 膵臓の病気(インスリン産生腫瘍、グルカゴン産生腫瘍など)
  • 性腺の病気(男性の性腺機能低下症など)
  • 高脂血症または脂質異常症(家族性高コレステロール血症、高コレステロール血症、高中性脂肪血症など)
  • 特殊な高血圧(ホルモンの病気が原因の高血圧、腎血管性高血圧など)

診療実績

2013年度の入院患者数は、糖尿病308名・副腎疾患249名・下垂体疾患21名・甲状腺疾患5名などで、平均の入院期間は9.6日です。

compare_arrows横スクロールで続きを表示

入院患者(年間総患者数)602
糖尿病関連疾患 308
  1型糖尿病

27

  壊疽・潰瘍・感染症 4
  糖尿病性昏睡 8
副腎関連疾患 249
  アルドステロン症関連 212
視床下部-下垂体疾患 21
甲状腺疾患 5
他の内分泌疾患 4
肥満-脂質異常症合併 31
上記以外の疾患 15
外来患者数
糖尿病 1,950
内分泌/高血圧
  副腎関連疾患 920
  甲状腺関連疾患 950
  副甲状腺・骨疾患 35
  性腺疾患 21
  多発性内分泌腺腫症など 12
  視床下部-下垂体疾患 25
  腎血管性高血圧など特殊高血圧 98
代謝
  家族性高コレステロール血症など特殊脂質異常症 60
  重症肥満 30
特殊検査・治療(年間件数)
副腎静脈採血 107
経皮的腎動脈形成術 2
その他のカテーテル検査
副腎腫瘍手術依頼 70
下垂体手術依頼 4
甲状腺
エコー 1,112
穿刺吸引細胞診 252

登録日:2018年09月10日

代表電話へ

予約センターに電話

arrow_upwardPAGE TOP