初期臨床研修医学生の皆様へ(メッセージ)

院長から一言

院長 梅村 敏

ここ横浜労災病院は、地域に根ざした高度医療を提供しています。医師のみならず多くの職種が手に手を取り、患者さんのトータルケアーを目指しています。その特徴は専門性の高い診療を提供しつつも、他院には無い各科の共同作業による総合力を発揮する病院です。
さて、研修医が望む研修病院の理想像は何でしょうか?
おそらくは、診療にあたっての問診やヴァイタルチェックをはじめとする基本的診察能力の獲得と診断の為の必要不可欠な各種検査方法やその手技を系統だって指導され学ぶ事が出来る施設がおそらくは望まれる姿であろうと想像いたします。
救急医としてのプライマリーケアー処置を学びたいとの研修医の希望に納得しますが果たしてそれが初期研修目標でしょうか?医師としての心構えと発想や感性を培うべきで、実学としての実技に溺れると基本的な心構えが見失われ易いと思います。すばらしい各人の個性と特性と実力を当院の指導が邪魔する事無く、日本のみならず世界に通用する医師としての心構えを身につけてほしいと思う次第です。臨床の場で、いつか独立して自分で孤独にその瞬間を判断しつつ、責任を負う事となる時代が来る覚悟をこの病院で身につけて欲しいと思います。当院は、多くの職種を越えて討論する技量と、コミュニュケーション術を育てる病院であると自負しております。
医師になる覚悟と努力を実践できる我が横浜労災病院で初期研修を経験する楽しさを共有しようではありませんか。病院勤務、学者、町医者、大学教員?どの姿を将来に浮かべますか?その前に我々と共に診療の基本と患者への対応を通じて研修医としての心構えと思いを経験してほしいと願っております。

当院の特徴は、

  1. “勤労者医療”、“癌対策”、“脳卒中急性期医療”、“心血管系疾患(心筋梗塞等)”、“糖尿病(生活習慣病)対策”、“救急医療”、“小児医療”、“周産期医療”、“老年病対策”を中心に整備しています。
  2. 地域中核施設として、24時間、365日いつでも安心してかかれる救急診療の充実を行っています。
  3. 地域の開業医や病院、大学と共に連携を強め患者中心の医療の展開を行っています。
  4. 高水準な医療を提供できる環境を整備しています。
  5. 医師のみならず多くの職種にて人材育成と、最先端な高度医療をめざす研究機能の強化を行い、医療の現場に有能かつ心ある医療人を輩出しております。

横浜労災病院は横浜市北東部医療圏の地域中核施設として約25年前に開設された、市内でも有数な病院として発展してきました。母体は労働者健康安全機構で全国に34の労災病院を有し、そして最も新しく設立されたのが当院でもあります。その設立趣旨としては、労災病院群の中でもリーディングホスピタルとして、さらには地域中核施設として名に恥じない医療体制を整備する事が望まれてきました。
上記内容を中心として、患者さんの満足度を高め、安心していただける医療を実践しております。居心地よい快適空間も常に整備しておりますので、患者さんばかりかそれを支えるご家族のみなさんにも満足行く医療内容を提供できるものと信じております。

先輩から一言

初期研修医2年次 本庄 俊介

横浜労災病院での研修を始めて早一年が過ぎました。後輩もできましたが、やはりまだまだと感じる部分も多く、日々いろいろ考えながら研修生活を送っています。「医学生の皆さんへ」ということで、皆さんの研修病院選びの参考になるよう、ここに1年間当院で研修してみて思ったことを書きたいと思います。
まず、当院の研修では、求めれば手厚い指導を受けることができます。臨床で、何か疑問に直面した時に、初めのうちは自分で情報の取捨選択をすることは難しいものです。そのような時に、診療科の多い当院では専門科の先生の指導を仰ぐことができます。病棟でも、上級医の数が比較的多く、自分が悩んだ時、迷った時にもすぐにフィードバックをもらうことができます。また、当院の研修を特徴づけるのは、非常に充実したER研修でしょう。当直帯は内科系当直、外科系当直の先生が救急外来の診療を担当している病院も多いですが、当院では常に救急科の先生がついていてくださり、どの科の疾患に対しても質の高い初期対応を学ぶことができます。コンサルテーションもしやすく、自分の考えた方針に対して必ずフィードバックが来る環境の為、考え方を学ぶことができます。複雑な病態の患者さんや、診断がつきにくい患者さんの診療の際には迷うことも多いですが、そんな患者さんに対して時間的制約のある中でどのような診療をしていけばいいのか、的確に教えていただくことができます。上級医が多いだけではなく、当院はUpToDateや PubMedなど、自分で学習するためのツールも充実しており、初期臨床研修が終わったのちに自分の力で新規の情報を仕入れ、質の高い診療をするための訓練をすることもできます。特にUpToDateに関しては最近、院内のアカウントでどこでも閲覧することができるようになり、このような恵まれた環境は、他の病院を見てもなかなか無いと思います。また、当院ではあるテーマに関して研修医が準備し、研修医に対して発表する「レジデントカンファレンス」に代表されるよう、研修医間で学び合う姿勢もあります。それぞれ志を持った仲間と話し合うことで刺激を受けることができます。
研修医になると、学生時代とは違い、受け身ではなく自分から積極的に求める姿勢が大切です。当院はそのような姿勢に応えてもらえる環境だと思います。ぜひ一度見学にいらして当院の雰囲気を感じ取ってみてください!

初期研修医1年次 大友 優太

初期研修医1年目の大友優太と申します。
私が初期研修の場として横浜労災病院を選んだ理由は、内科を幅広く研修できる、救急疾患を主体的に診療できる、熱心に指導して下さる先生方が多い、研修医同士で切磋琢磨しているなど数多くあります。
私自身、内科を志望していることもあり、初期研修では内科を幅広くローテーションしたいと考えていました。当院では内科の診療科がそろっており、common diseaseを含め数多くの幅広い症例を経験できると思い志望しました。
また、救急の見学時に研修医の先生方が主体的に診療している姿を見て、ここで研修して自分も先輩方のようになりたいと感じたのが志望動機として大きいです。医療現場における初期対応はもちろん、判断力や上級医先生へのプレゼンテーション、患者さんやご家族への丁寧な説明、看護師などコメディカルの方々との円滑なコミュニケーションなどを、上級医の先生方や研修医の先輩方の背中を見て身に着けていきたいと思いました。
指導医の先生方は本当に熱心に指導して下さり、自分から積極的に臨めば数多くのことを経験させて下さいます。研修医の先輩方からは研修上のアドバイスやレクチャーなどがあり、研修医として学べる環境も整っています。初期研修が始まって2か月ではありますが、自分次第でどこまでも成長することのできる研修環境であると確信しております。研修医の同期とは、お互いに支えあい切磋琢磨して楽しく過ごしています。
初期研修先を悩んでいる方は、一度見学に来て、実際に当院の良さを肌で感じてください。本当にいい研修環境だと思います。皆さんと一緒に診療できる日を、心よりお待ちしております。

ページの先頭へ